擬宝珠

今年もギボウシ(ギボシ)の花が咲いた。うちのギボウシはいつも月遅れのお盆の時期に咲く。この花を見るとお盆が来たな思うのと同時に夏も半分終わってしまったなとなんとなく寂し気分になる。

ギボウシ(ギボシ)は漢字で書くと「擬宝珠」。寺の屋根の上や神社仏閣の橋の欄干、それから武道館の「大きな玉ねぎ」が擬宝珠だ。その由来には諸説あるようで、宝珠は菩薩様が掌に持っている仏の教えの象徴で寺の方はそれで説明がつくが、神社の橋の欄干のあれは葱坊主だという。ネギはそのにおいから邪気を払う魔除けと信じられたからだという。

 

植物のギボウシはその葉や蕾の形からその名が付いた。

 

ちなみに徳利の口は擬宝珠を模したものとする説があり、相手、とくに目上の人に酒を注ぐときは注ぎ口に見えるすぼんだ方を上にするのが礼儀。相手に擬宝珠の形を見せるのだそうだ。(すぼんだ方を上にするのには諸説あり、戦国時代、暗殺するために注ぎ口に毒を塗ったことからそれを避けるためなどというのもある。)

礼儀とか毒殺とかは置いておいて、この注ぎ方をすると注ぎ終わったときに酒が見苦しく垂れ落ちないので気に入っている。いつもは一升瓶、四合瓶を傍らにドンと置いて直注ぎしているが、今宵は徳利でいこう。


ナイス・シュート

シュートの摩天楼・・・と言ったらはしゃぎすぎだが、今年は鉢植えのHTを中心にシュートの出が良い。去年は発生率がすこぶる悪かったのでその反動だろう。ピンチを繰り返して今は3段目か4段目の所で遊ばせている。これから予備剪定、秋(夏)の本剪定を控えている。

 

嬉しいのはFLのプレイガールにもややか弱いながらもベーサルシュートが出たこと。プレイガールは紫がかったショッキングピンク。花びらはふんわりウエーブがかかり、黄色いシベがチャーミングな一重のバラだ。このバラが咲くと庭が一段と華やぎ、国際バラとガーデニングショウのコンテストでも活躍してくれた。もうかなりの古参で樹勢が弱まり、「そろそろ引退かなあ」と話していたのが聞こえたに違いない。バラには耳があって、我々夫婦の会話もちゃんと聞いている。

このシュートを足がかりに樹勢を回復して頑張ってくれることだろう。

 

 

 


伝統の朝顔

今日は「山の日」。お盆休みへとつながる連休の初日。高速道路の大渋滞を尻目に、渋〜く朝顔を見に行った。

 

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑で開かれている「伝統の朝顔」展。

正木系統、出物系統、大輪系統などの変化朝顔の他、西欧やアジア周辺の近縁種も展示されている。

 

ブラックナイト

これは「団十郎」(114黄蝉葉栗皮茶丸花大輪)という朝顔。夫婦ですっかり惚れ込んでしまった。来年はぜひ我が家で咲かせてみたいもの。

 

これも朝顔?というような花もたくさん。

 

 

売店で朝顔のてぬぐいやクリアファイルを買ったらおまけで朝顔の種を頂戴した。残念ながら「団十郎」はなかったが来年はバラ→あじさい→朝顔のリレーを楽しめそうだ。

 

朝顔を味わったあとはDIC川村記念美術館で絵画鑑賞。

渋滞ゼロで充実の一日でした。


人間ドック終了

今日は夫婦で人間ドックに行ってきた。検査項目の中でどれが一番辛いかというと、やなぎ妻は胃部検診だという。確かにゲップを抑えながらバリウムを飲むのは辛いし、宇宙遊泳さながら上下左右に振り回される磔の刑は、握り棒をつかむ手がぶるぶる震え、男の私でもなかなか厳しい。

 

しかしながら、やなぎ夫の最難関は腹部エコー検査。グリグリグリグリ同じ場所を執拗に押し回す。今日は初めのうちは軽〜くこする程度で、「あ〜、今回は大丈夫そうだ」と思ったのもつかの間、やはり始まった。肝臓のあたりをグリグリグリグリ・・・「痛くすぐすったい。そろそろやめてよ。脂肪肝はわかっているんだから」。やっと解放されたかと思ったら今度は胃のあたりをグリッ、グリッ、グググググリッ・・・「痛い、痛い、痛いってば。やめろこのクソババ〜」・・・もちろん心の叫びですが、ごめんなさい。検査技師の方は決してそんなにお年を召しておられません。というより年齢にかかわらず、こんな表現はいけません。でもあそこまで入念に調べて下さったということは・・・何かまずいものが見えたのでしょうか。

 

ともあれ、終わった。なにしろ一番辛かったのは昨夜は検査前日で酒が飲めなかったことだ。よ〜っし、今夜は飲むぞ。

 


台風5号

いつ発生したのか忘れてしまったが、酩酊した挙げ句に暴れ出した。たちの悪い酔っ払いみたいな台風だ。

 

我が家の方は直撃しない模様だが風雨が強まる恐れがあるので、帰宅後にせっかく生長しているバラのシュートに支柱を施した。HTを中心に今年はシュートの出が良く、今は3段目くらいになっている。これらがボキリと折れてしまったら、「あのとき、家に帰ってすぐに風呂に入ってビールなんか飲まずに支柱を立てていたら・・・」と後悔するにちがいない。

 

そんなわけで、今は心置きなく晩酌を楽しんでいる。くれぐれも酩酊しないようにいっぱい飲もう。なにしろ木曜日は人間ドック。明後日の晩は酒が飲めない。

 


熱中対策

今日はバラに夏の元肥を施した。数年前、この作業に熱中しすぎて熱中症になり、病院で点滴されたことがある。翌日からの夏の旅行を断念した苦い経験だった。

 

やなぎ妻がいいものを買ってきてくれた。その名も「熱中対策」。

特殊スポンジを帽子の内側の額に当たる部分に貼るだけ。

汗を吸収してそれが蒸発する際の気化熱を利用したアイテムで、温度を2℃下げる。冷えピタの類いは30分ももたないが、これはまる一日使える。自分の汗で頭を冷やせるし、額から汗が目に流れ落ちてこないので快適だ。

 

ただし、のどの渇きだけはどうしようもなく、こまめに水分を補給しなければならない。ビールは逆効果だというが、昼の休憩と作業後の一杯(二杯、三杯)はたまらなく美味いのだ。これが楽しみで炎天下、庭仕事をしていると言っても過言ではないのである。我慢なんかしたらかえって体に悪いに決まっている。


挿し木の鉢上げ

今日はアジサイの挿し木を鉢上げした。

 

せっかく生えた根を損なわないように、下の方から割り箸ですくい上げるようにして掘り上げる。

思った以上に根が張っている。このままではいわば水耕栽培なので、立派な株に育て上げるには培養土に移し替える必要があるのだ。

土を入れた鉢(大きさに合わせて2号鉢か4号鉢)に移植する。

水をたっぶりあげて完成。

 

一番楽しみにしている「隅田の花火」もしっかり根が張っている。

うまくいけば来年には花が見られるかもしれない。

 

何だかんだ言ってなかなかの成功率で、40鉢近くになった。

置き場をどうするか・・・うれしい悩みだ。


優曇華の花

帰宅して鉢植えのバラに水をやっていたら「庵(いおり)」の蕾に優曇華(うどんげ)の花が咲いていた。

 

もちろん三千年に一度しか咲かないという幻の花ではなく、クサカゲロウの卵だ。

 

 

成虫はその名からのイメージどおり可憐で美しいけれど、幼虫はというと・・・トンボ、カブトムシ、テントウムシ・・・みんなそうだが、なかなかすごい姿をしている。

 

ウスバカゲロウ・・・薄馬鹿、下郎ではない・・・もクサカゲロウと似た卵だが、幼虫はかのアリジゴクだ。子供の頃よく軒下のすり鉢状の「アリ地獄」でアリジゴク釣をして遊んだものだ。最近全く見なくなってしまった。世間を騒がせているヒアリ対策として、アリジゴク防衛作戦というのはどうだろうか。

 

話がどんどん逸れてしまったが、優曇華の花は吉兆。なんかいいことないかなあ・・・


挿し木のその後

6月中下旬に挿し木をしたアジサイ。一ヶ月半が過ぎて成功失敗がはっきりしてきた。

 

これは残骸。

 

これもたぶん失敗。

 

これは成功。新芽がすくすくと伸びている。

 

これは一番成功してほしい「隅田の花火」。

葉は青々としているので今のところ枯れてはいないが、早く新芽が伸び出してほしい。昨夜の隅田川の花火のように美しい花を見たいものだ。

 

 


涼しげに

宿根ベロニカ

 

マツムシソウ

 

今朝は曇りが湿度が高い。蚊はこういう天気が大好きで、この2枚を撮っているうちに何ヵ所も刺された。本当はもっとアングルに拘りたかったのだが、早々に退散。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM