2018年春の小旅(3)〜東急ハーヴェスト那須・温泉〜

まずは風呂、風呂!

 

チェックイン直後なので、浴場にはまだ空いている。

 

温泉は敷地内から湧く「白八汐の湯」。源泉温度78.7℃と高温のため加水していますが、無ろ過無循環無消毒のかけ流し。大型リゾートホテルでは珍しいのではないでしょうか。

泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉。時に黄褐色、時に琥珀色になるいい湯です。

 

露天風呂は循環ろ過ですが、那須高原の大自然を眺めながらの湯浴みはこれはこれで捨てがたい。

 

あ〜、ご・く・ら・く


旭山桜が咲いた

旅レポの途中ですが・・・

 

去年の春に街の電気屋さんでもらった「旭山桜」が今年も咲きました。去年より約半月早い開花です。

接ぎ木の接ぎ目がいまひとつ不安定だったので、大事に大事に育てた甲斐がありました。

 

去年より花数が少し減ってはしまいましたが、とりあえずほっとしています。

なんとなくコツを掴んだので、頑張って立派な盆栽仕立てにしたいと思います。


2018年春の小旅(2)〜東急ハーヴェスト那須〜

チェックイン開始15時の少し前に東急ハーヴェスト那須に到着。会員制リゾートのハーヴェストクラブ那須とホテルハーヴェスト那須を併設していますが、今回は知人から頂いた宿泊券を利用してハーヴェストクラブの方に宿泊です。

 

広々としたツインルーム。

 

部屋の窓からは那須連峰・茶臼岳が見えます。

あ〜、この開放感・・・!


2018年春の小旅(1)〜佐野ラーメン〜

渋滞を避けて遅い時間に出発。目的は「温泉浸かって、美味いもの食べて、寝る」だけ・・・チェックイン開始時間ジャストに到着すればいい。

 

折しも関東南部は桜が満開。東北道を走っていても、あっちにも桜、こっちにも桜、お花見ドライブだ。日本にはこんなにも桜があるのかと改めて認識した。

 

昼食は佐野SAで佐野ラーメン。

他県でラーメンをすするだけでも心が解放する・・・これが旅の効能だ。


庭仕事三昧

風邪気味で少々だるかったが、ぽかぽか陽気に誘われて一日庭で過ごした。

 

鉢植えに水をやって、草むしりをして、ほったらかしにしていた畑コーナーのニンジンを収穫して、土を耕して・・・

 

伸び出したバラの芽を眺めると心ときめく。

モッコウバラには早くも蕾がついている。桜の開花が早かったのでバラの開花も早そうだ。

アジサイの挿し木も順調に生長している。

でもこの先どこにどう植えよう・・・悩ましくも楽しいガーデニングだ。


軽井沢のセンセ 逝く

浅見光彦シリーズの中では「軽井沢のセンセ」として登場する、推理作家の内田康夫さんが先週亡くなった。好きな作家は?と聞かれたら躊躇なく氏の名を挙げる、大の内田康夫ファンなだけに残念だ。

 

歴史、伝説、社会問題を複雑に絡ませながら展開する氏の小説は単なるサスペンスとかミステリーとかというジャンルでは括れない深さがある。読んでいると、時折どこまでが事実(史実)でどこまでがフィクションなのか、境界線がわからなくなることがある。様々な分野に造詣が深かった内田康夫さんならではのことだと思う。

 

私が最初に読んだのは処女作の『死者の木霊』ではなく、第七作目の『戸隠伝説殺人事件』だった。内田さんと私の共通点(などといったらおこがましいが)は長野市出身の父親を持つこと。本屋でアイ・ブラリー(「eye」+「library」+「ぶらつく」の自作造語(たぶん))していて目に入ったのが「戸隠」で、あまりの面白さに一気に読み切ったのを覚えている。次に読んだのが『死者の木霊』で、本を手にして同じく信州が舞台だと知った。

 

私にとって歴史、伝説とともに内田作品の大きな魅力が綿密な取材に裏付けされた地理描写。行ったことがある場所ならば文字による描写が瞬時に映像となって頭に再現される。小説の中では「○○ホテル」でも、「ははあ・・・これはあの□□ホテルがモデルだな」と推察できることがある。地図好き、旅行好きにはそれがまたたまらないのである。

 

小説の中の戸隠村はその後長野市に吸収合併された。新幹線が開通し、高速道路が延長した所もあるが、今度は記憶の中の古地図を読む楽しさがある。内田作品は決して色あせることはないのだ。何度でも読み返したくなる作品ばかりである。

 

 

安倍政権の改憲路線を批判していた内田康夫さん。加計問題、森友学園に関する公文書改ざん、そして自民党議員絡みの文科省による教育現場への過剰介入・・・安倍政権で起きている由々しき事態・・・軽井沢のセンセなら「○○殺人事件」or「岸○○の亡霊」でどう料理するか・・・読んでみたかった。


いい旅夢気分SP 2018/3/17

今日は旧姓「花金」!

定時でとっとと帰宅して、先週の土曜日に飲み会で見られなかった「いい旅夢気分SP」を見ながら(ちゃんと録画してあった)一杯二杯三杯やっている。

 

やはり太川さん&蛭子さんのコンビは楽しい。そしてバスの後部座席がよく似合う。

そして「マドンナ」も登場して、まさしく「バス旅」だ。

 

人が温泉に入って

酒飲んで

美味いものを食べる

それを見ながら一杯やる・・・この幸せよ・・・TGIF!!


春爛漫

アンズが満開。

オトメツバキも満開。

ミニスイセンも満開。

ヘルボルス・ニゲル(クリスマスローズ)も満開。

 

春爛漫だ。

 


夜杏

今日帰宅してみると、昨日開花した我が家のアンズが早くも七分〜八分咲きだ。

 

とりあえずは写真に収め、目に焼き付いた夜杏を思い浮かべながら、一杯やるとしよう。


3月11日 庭の様子

バラの新芽。

キャットミントの新芽。

ヒヤシンスが満開。

クロッカス開花。

アンズも開花直前。

 

ガーデニングが楽しい季節の到来です。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 梅雨の合間
    やなぎ
  • 梅雨の合間
    酔庵
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    やなぎ
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    ガンジイ
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    やなぎ
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    やなぎ
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    やなぎ
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    酔庵
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    みーしゃ
  • 第20回 国際バラとガーデニングショウ
    松井高志

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM