2018年春バラお疲れ様給湯小旅(4)〜白旗の湯 その2〜

 

白旗の湯の湯舟は二つ。熱い方に手を入れてみると途轍もなく熱い。煮えたぎっている。

 

即座に断念して温い方の湯舟に入る。温い方とはいっても今日はかなり熱い。たぶん43〜44℃はある。だが名湯・草津の湯の中でもさらに名湯・白旗の湯だ。熱いけれども柔らかい・・・溜まっていた疲れがみるみる抜けていく。た、たまらんち、会長。

 


 

脱衣所・・・と言っても湯舟から丸見え・・・で、一目で一番下っ端とわかる若者がジーニーに叱られている。

 

大金を盗まれたらどうするんだ。おまえは番をしていろ。

 

若者はしょんぼり出て行った。

 

ジーニーは熱い方の湯舟をかき混ぜ始めた。かき混ぜてもかき混ぜても熱いようで、バシャバシャ流れ出る湯口の元栓を閉め(原則的にはやっていけないのだが)、なおも湯をかき混ぜる。

 

ジーニー「今日は熱いです。そちらの湯舟はちょうどよさそうです。」

 

大親分「オレは熱い方に入るというこだわりがあるんだ。」

 

しかし、結局諦めて、大親分は私が入っている温い湯舟に入ってきた。

 

ジーニーは私が一番いい場所にどかんと浸かっているのが気に入らないようだが、ここは万人平等の共同湯である。

 

もう20年ほど前になるだろうか。まだ若い頃、この湯舟でそれは見事な龍の入れ墨の方、並びにその子分さんと三人で入ったことがある。スリリングながらもなかなか楽しい時だった。あのときは「兄さん、こんな熱い湯によく入れるねえ」と感心された。

 

つづく

 


2018年春バラお疲れ様給湯小旅(3)〜白旗の湯 その1〜

龍燕の中華料理を満喫したあと、共同浴場の白旗の湯でひと風呂浴びようということになった。

本当は食べてすぐの入浴はよくないそうだが、草津の湯は別腹である。なによりこの時間(午後7時半)は泊まり客が夕食中なので一番空いているのだ。


 

白旗の湯の扉を開けようとしたとき、入口にベタ付けで白いベンツがとまった。駐車禁止のはずだが急用かなと、さして気にも留めずに中に入った。

 

案の定、浴場にはあばら骨くっきりのおじいさんが一人、湯舟の脇でくつろいでいた。こんなに空いている白旗の湯は久しぶり、ラッキーだ。

 

脱衣所の入口に一番近い所で服を脱いでいたそのとき、一目であちら方面の方とわかる三人が入ってきた。

 

これまた一目でそれとわかる貫禄十分の方・・・たぶん私と同年代・・・が、私のすぐ横で脱衣を始めた。奥にいくらでもスペースがあるのに、と思いながらパンツを脱いだとき、私の臀部がそのお方に当たってしまった。

 

一瞬、そのお方が私をにらみ、次の瞬間、「アラジン」に出てくる魔神・ジーニーのようなお連れさんが私をにらみつけた。

 

まずいな・・・と思ったそのとき、さすがは大親分。「いやいや」というしぐさをしてジーニーの視線も私から逸れた。

 

 

つづく


2018年春バラお疲れ様給湯小旅(3)〜草津温泉湯畑〜

3ヶ月ぶりの草津温泉です。

湯畑を眺め、硫黄+強酸性の空気を呼吸しているだけで、フューエルメータの針が上昇していきます。給湯率50%。

このガス灯、あまりに周囲の雰囲気に溶け込んでいて今まで気に留めなかったのですが、今宵は霧のせいか存在感があります。

 

夕食はいつもの中華料理「龍燕」で。

う〜ん、たまらんち会長。

アオリイカの青じそ炒め。

超定番の春巻き。

 

このあとの、エビチリ、チャーハン、杏仁豆腐(これ、絶品!)は、食べるのに夢中で撮影し忘れ。

店のオーナーご夫婦、若旦那さんともご挨拶できて・・・ただ今の給湯率60%。


2018年春バラお疲れ様給湯小旅(2)〜応徳温泉くつろぎの湯〜

最初の給湯地は道の駅六合(中之条町六合地区)に併設されている日帰り入浴施設「応徳温泉くつろぎの湯」。旧六合村の福利厚生施設だった建物内にある浴場ですが、応徳年間(1084〜86)に草津に向かう旅人によって発見されたという古湯です。

受付けは道の駅物産センターの隣の宿「花まめ」の帳場が兼ねています。

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩-塩化物温泉(pH7.7)。薄らと白濁て黒い湯ノ花が漂う、肌触りの柔らかな極上の湯です。

枯渇して朽ち果てる寸前だった体中の細胞が、「うわ〜」「ふぉ〜」「きゃっきゃ きゃっきゃ」と声を上げて喜んでいます。

う〜ん、マンダム・・・

 

ただ今の給湯・・・25%。

 

つづく


2018年春バラお疲れ様給湯小旅(1)

今年の春バラの季節も一段落し、3ヶ月ぶりの温泉旅行に出かけ、ただ今帰って参りました。

 

玄関を空けると・・・

3日前、出かける前に雨で首うなだれていたのを救出したバラたちが「お帰りなさい」してくれました。

なんて律儀なバラたちでしょう!

 

留守番大義。ういやつじゃのう〜。

 

いっぱいネタを仕入れてきたので、これからちびちびと紹介させていただきます。よろしかったらご覧下さい。

 

 


台風5号接近中

台風接近で大雨になるというので、「隅田の花火」を始め、去年挿し木して育てたアジサイ1年生たちを軒下に避難。せっかくなので集合写真を撮りました。

 

NHK・趣味の園芸の「しゅみえんサロン」にも応募してやろうと、アジサイにはいろいろなポーズをとってもらいました。これはその中の一枚。

 

撮影終了後は小さな鉢で窮屈そうなアジサイたちをひと回り大きな鉢に植え替えて施肥をして、アジサイ三昧の日曜日になりました。


梅雨の合間

開花が異常に早かった今年のバラ、早くも二番花が咲いています。

 

今朝は梅雨の合間を縫って消毒作業。一週間の疲れがどっと出て、もっとふとんに入っていたかったのですが、この作業をを怠るとうどんこ病や黒点病が蔓延し、厄介なことになります。

 

写真はモーリス・ユトリロ。日中の気温が上がるこの時期、こうしたきれいな姿は早朝ならではです。


6月6日・雨

今日は6月6日。そして雨である。そろそろ梅雨入りのようだ。

 

6月6日で雨・・・というと思い浮かぶのが「かわいいコックさん」の絵描き歌だ。

 

♪棒が一本あったとさ 葉っぱかな 

 葉っぱじゃないよ カエルだよ

 カエルじゃないよ アヒルだよ

 6月6日に雨ざあざあ降ってきて

 三角定規にひび入って

 あんパンふたつ 豆みっつ

 コッペパンふたつ くださいな

 あっという間に かわいいコックさん♪

 

子供の頃、広告の裏(今や裏が白紙の広告は皆無だが)に歌いながら描いたものだが、いや〜、恐ろしいほど覚えているものだ。あの頃の記憶力よ、シェーン、カム・バッ〜ク!

 

今、口ずさんで新聞かなんかの余白にコックさんを描いている方がおられたら、お仲間ですね(笑)

 

「かわいいコックさん」、今の子供は知っているのかなあ。


あじさい

挿し木で育てたあじさいが咲いています。

さわやかな朝です。

一週間がんばりましょう。


テッポウムシ

2年ぶり5回目の国際バラとガーデニングショウ大賞受賞に沸いた我が家のバラたちですが、残念なことも。

 

大賞を取ったザ・ピルグリムと同じアーチに絡ませていたお気に入りのバラ、バタースコッチが枯れてしまいました。老木になった初代に代わって挿し木から育てた二代目だったのに・・・。

原因はテッポウムシ。株元にキャットミントが茂っていたために発見できず、かわいそうなことをしてしまいました。

このように茎はスカスカ。そして・・・

いたいた、憎っくきテッポウムシ。テッポウムシはゴマダラカミキリの幼虫でバラだけでなく樹木の敵。常に株元を見回って、おがくず状の糞を見つけたら穴から殺虫剤を注入してすぐに駆除しなければなりません。

 

引きずり出して、成敗!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM