萬福寺

文化の日の今日はいい天気だった。こんな日の散歩は楽しくて、史跡めぐりなんぞしながらおよそ2時間、13,197歩、約8.7km歩いた。面白い収穫もあり、これは後日、もう少し調べてからご報告するとして、とりあえずはこちら。


千葉県柏市にある1639年開山の真言宗萬福寺。 山門前には六地蔵が並んでいる。

萬福寺には千葉県指定文化財の阿弥陀如来像が安置されているが、目を引くのは境内の石像だ。





この他にピカチュウとかもあったが、いい年のオヤジがヘンなのでこのくらいでやめておいた。

萬福寺は、明治5年(1872)に発布された学制により、早くも同年に境内に「増尾学校」が開設されたという、地域の近代教育発祥の地でもある。

「増尾学校」はすぐ近くの「土小学校」となり、今日に至っている。

夜のお散歩(4)

夜の散歩を多少なりとも楽しめるように、万歩計を買った。
「新・平成の伊能忠敬」というゲーム万歩計で、歩いて日本地図を作るというもの。同じ千葉県出身なので忠敬くんを見習ってみようというわけだ。

10日前に神奈川・東京の都県境を出発して海岸線を歩くこと56.7km。本日めでたく千葉県に入った。




このペースが早いのか遅いのか、よくはわからないが、自分としてはかなりに頑張っているつもり。



本日の歩数 12,093歩。



距離にして7.98km。10日で57km・・・こんなペースでは宿代がかさんで仕方ないか・・・格さんに叱られそうだ。



ゲッ、これしか消費してないの??!!と言いながら、湯上りのビールを楽しみ、日本酒3種を代わる代わる味わっている。

これでいいのかなあ。。。



千葉県は海岸線が長い。でももっと長い県がいくつもある。

さて、ここで問題です。日本で一番海岸線が長い都道府県はどこでしょう?
これは簡単すぎますね。では二番目に長いのはどこでしょう?

夜のお散歩(3)

それにしても夜の散歩はつまらない。

昼間なら通り沿いの家の庭を拝見したり、雲の形を眺めたりしながら歩けるのだが、夜だとそうもいかない。

それなら早朝、仕事に出かける前に歩けばいいではないかと仰るかもしれない。朝日を浴び、小鳥のさえずりを聞きながら、気分爽快ではないかと。

御助言かたじけないが却下である。

買い物とか景色を愛でるとかいう目的のない夜間徘徊での唯一の楽しみは、歩き終わって風呂に入った後の、シュパンという音に始まる晩酌だからである。

残念ながら通勤前にそれは許されないのだ。

ここまでお読みになった貴兄はさぞや呆れておられるだろう。そもそもの目的は悪玉コレステロール値を下げることだろう。真っ先に取り組むべきは禁酒であると。

でも、ならぬことはならぬのです!(?)

つづく


夜のお散歩(2)

今宵も歩いてきた。

門を出てから戻って来るまで目一杯の早歩きで27分。主治医に指示された40分には足りないが、今日で4日目、よく頑張っている、と思う。

こんな時間でも同じ志を持つと思しき人たちにけっこう出会う。

用意ドンの形で前後に力強く腕を振るご婦人。

ウォーキングの教科書にはそうせよとあるのだろうが、私的には苦手である。

下手をすると追い抜いてしまいそうなジョギング(?)紳士。

このあたりにAEDはあるだろうか・・・心配してしまう。

私はというと、秋の夜風を楽しんでいるかのように泰然と、しかし早足で、峠道を急ぐ隠密の如く歩くのだ。

しかし、傍から見れば、

短い脚をフル回転させて、あのおやじは何故徘徊しているのだろう

と怪訝な目で見られているにちがいない。

同志たちよ、頑張ろう。

つづく


夜のお散歩(1)

帰宅後、散歩を始めた。

理由は単純。人間ドックの結果を主治医に見せたところ、

「4か月の猶予をあげますから、1日40分ウォーキングをおやりなさい。」 

年明けに再検査して、数値が下がっていなければ薬による治療となるそうだ。

すでに毎日血圧の薬も飲んでいることだし、コレステロールの薬もついでのこと・・・などと言ったらぶっとばされそうなので、

「がんばります!」と明るい声を出してみた。

が、9月は暑いので勘弁してやった。

10月に入り、残り3か月となって少々焦ってきたのである。

つづく

ひまわり案山子

また回覧板(のモト)を配りに町内を一周してきました。「里山を守る会」の皆さんのひまわり畑が満開でした。



ちなみに全員案山子です。


ひまわり案山子

今朝は早起きして自治会の各期役員宅に回覧板を配って歩いた。
面倒な仕事ではあるけれど、いい運動になる。

途中、こんな光景が。

ここで問題です。本物の人間はどれでしょう?


答えは全部案山子です。「里山を守る会」の方々が丹精込めて作っているひまわり畑です。



だれのために咲いたの それは案山子のためよ


暮れの銀ブラ

昨日は原宿に墓参、そのあと銀座へ。

まずは有楽町の「かごしま遊楽館」2階の「遊食菜彩いちにいさん」で腹ごしらえ。いつも同じものを食べてしまう。

やなぎ夫は黒豚バラかつ丼セット

やなぎ妻は黒豚の野菜蒸しセット

日比谷シャンテ前のゴジラ


数寄屋橋公園の岡本太郎作「若い時計台」


歌舞伎座、だいぶ出来てきました。

某前都知事が新しいデザインにしないとだめだなどと要らぬ口出しをしていましたが、建て替え前の面影がちゃんと残っていて安心。勘三郎さんに完成した姿を見てほしかった。

中央通りの歩天は17時で終了。ミキモトのクリスマスツリーには相変わらずの人だかり。

手前は「ヒカリミチ」という名のイルミネーション。


「ヒカリミチ」はGILC(ギンザ・インターナショナル・ラグジュアリー・コミティ)という銀座のブランド14社によるもので、震災復興を願って昨年から始めた企画。

銀座二丁目のイルミネーション合戦。

カルティエ


ブルガリ


最後は広島アンテナショップ「tau」で尾道の「イチジクあんぱん」を買って銀ブラ終了。

めりーくりすます!

新木戸

柏木戸跡から旧水戸街道を新木戸へと向かう。



このあたりは小金牧の中だった。往時は水戸光圀(水戸黄門)が野馬奉行の綿貫夏右衛門に20両を与えて作らせた松並木が続いていた。旅人の日除け、牧の中を旅人が道に迷わぬようにといった目的だという。南柏駅付近の松は昭和50年代半ばまで残っていたが、残念ながらもう見ることができない。



ここがもう一方の牧の出入り口、新木戸の跡だ。今はバス停の名にその名を留めている。



上の地図で新木戸から北に延びている道は、日光東照宮参詣のために作られた日光街道の脇往還、日光東往還。



ここが水戸街道と日光東往還の追分。高架になっていてその下を常磐線が通っている。この先が国道6号線との交差点「日光街道入口 」だ。

土っこ!?



えっ? あの幻のヘビ、ツチノコがとおる通学路がある??
それは「気を付け」なければ・・・

・・・のわけがない。ここは千葉県柏市立土小学校の県道脇のフェンスだ。明治5年に「増尾学校」として創立(明治19年に増尾尋常小学校となる)した歴史ある小学校だ。土小学校の児童を「土っ子」と呼んでいるらしい。

それにしても「土」という名称は面白い。昭和29年9月に柏町、小金町、田中村とともに合併して東葛市が成立するまで、ここは東葛飾郡土村だった。東葛市成立後の2か月後には小金町が離脱して柏市となる。このあたりの町どうしのプライドのぶつかり合いも面白いのだがまたの機会に回そう。

土村は、明治22年に増尾、名戸ヶ谷、藤心、逆井、酒井根、根木内、中新宿、根木内新田、今谷新田、小金上町新田、塚崎新田の11カ村が合併してできた村だ(根木内のみ現在は松戸市)。

勘が良い方はお気付きかもしれないが、「11」を漢字で書くと「十一」。「十一」を縦に書いてくっつけると・・・そう「土」なのだ。合併というのは余程の力差のない限り、命名に苦労するようだ。土村にも当時の苦労がうかがえるが、なかなか機転の利いたネーミングだ。平成の大合併では「これはいかがなものか」と思ってしまう新地名があちらこちらに誕生したが、少しは土村を見習ってほしかった。

土っ子、いいぞ!


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ローカル路線バスの旅
    やなぎ
  • ローカル路線バスの旅
    みーしゃ
  • 将門公ゆかりの地を訪ねて(14)〜國王神社(茨城県板東市岩井)〜
    やなぎ
  • 将門公ゆかりの地を訪ねて(14)〜國王神社(茨城県板東市岩井)〜
    せっとん
  • 将門公ゆかりの地を訪ねて(14)〜國王神社(茨城県板東市岩井)〜
    やなぎ
  • 将門公ゆかりの地を訪ねて(14)〜國王神社(茨城県板東市岩井)〜
    せっとん
  • 将門公ゆかりの地を訪ねて(14)〜國王神社(茨城県板東市岩井)〜
    やなぎ
  • 将門公ゆかりの地を訪ねて(14)〜國王神社(茨城県板東市岩井)〜
    せっとん
  • 肩こりの原因は?
    やなぎ
  • 肩こりの原因は?
    みーしゃ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM