将門公ゆかりの地を訪ねて(2)〜日秀観音から将門神社へ(千葉県我孫子市日秀)〜

観音寺から市道を手賀沼方面へ向かう。

JR成田線の日秀踏切をわたると丁字路がある。

右の折れると「日秀西遺跡」がある。旧石器時代から、縄文、弥生、古墳、奈良、平安時代にかけての複合遺跡で、律令時代には相馬郡の郡衙(役所)があったと考えられている。

県立高校建設にあたり発掘調査が行われ、現在は県立湖北特別支援学校の敷地内に覆土保存されている。常陸国府(現茨城県石岡市)を終点とする古代東海道の於賦(おふ)駅もこの近辺にあったと推定されていて、下総国と常陸国の境に位置するこのあたりは交通・政治の要衝だったのではないだろうか。

 

丁字路に戻り10数メートルも進むと、うっかりすると通り過ぎてしまうような十字路がある。右手は狭い舗装道路、左手は未舗装の農道になっている。

ここが地元では「かまくら道」と言われている道路だ。

以前、この先の我孫子市布佐に「頼朝お手植えの松」という松があった。私が学生の頃はその何代目かの松があったが今はそれも枯れてしまったようである。

律令制の崩壊とともに古代東海道はその役割を終え、今となってはそのルートも定かではないが、もしかするとこのかまくら道は古代東海道の一部だったのかもしれない。

かつて平将門が馬を走らせ、その200年後に源頼朝が通ったかもしれない道を、さらに900年後の今こうして歩いていると思うと歴史ロマンを感じずにはいられない。


将門公ゆかりの地を訪ねて(1)〜日秀観音(千葉県我孫子市日秀)〜

茨城県南部から千葉県北西部にかけては平将門(903?〜940年)にまつわる地が数多く点在する。実家近くの我孫子市日秀もそのひとつだ。

 

日秀と書いて「ひびり」と読む。

 

将門公は幼少期をこの地で過ごしたという。手賀沼から将門公が馬に乗り、台地に駆け上って朝日を拝したところから「日出(ひいで)村」と称し、のちに「日秀村」となったと伝えられている。他に将門公の遺臣、日出弾正がこの地に隠棲したからとの説もあるようだ。

 

曹洞宗観音寺は、地元では「日秀観音」として親しまれている。寺の公式HPによると、観音寺としての創立は寛文2年(1662)とされるが、古くは将門神社(ここから500メートルほど南にある。後日紹介する予定)の境内に将門公の守本尊である観世音菩薩を安置する仏堂が営まれたのが始まりとされる。

観音様が祀られている観音堂。もとはかやぶき屋根だったようだが、今はトタンが巻かれている。お堂の中には極彩色の見事な彫り物が見える。

 

観音堂から見て左手前、国道356号と市道のT字路脇にお地蔵様が立っている。

通称「首曲がり地蔵(または首振り地蔵)」といって首をちょこんと西の方向に傾けている。前を走る国道356号線は別名、成田街道で東に進むと成田市だ。

成田といえば、成田山新勝寺。成田山は、新皇を名乗り朝廷と敵対した平将門を討伐するために朱雀天皇の命により都から不動明王が運ばれて護摩祈祷が行われた所だ。祈祷最後の21日目の2月14日に将門公は討ち取られたという。新勝寺の「勝」は将門に勝利したという意味で、生々しい名称なのだ。

 

お地蔵様はその成田山新勝寺に顔を背けているわけだ。日秀の人たちは今も成田山を参拝しない。これは日秀在住のもと同僚から聞いた話なので間違いない。彼女の話をさらに紹介すると、日秀の人たちは桔梗を忌み嫌う。愛妾だった桔梗の前の裏切りによって将門公が討たれたという伝説によるものだ。

 

将門公には七人の影武者がいて区別がつかなかったが、「本物の将門はこめかみが動く」と桔梗の前が敵に密告した(一説にはスパイ)。NHKの大河ドラマ「風と雲と虹と」(1976年放送)では、露口茂さん演じる俵藤太(藤原秀郷)の放った矢が、加藤剛さん演じる将門のこめかみに当たり壮絶な最期を遂げた。

 

日秀地区では桔梗を植えない。キュウリも輪切りにしない。輪切りの断面が桔梗紋に似ているからだという(将門公の紋である九曜紋に似ており、畏れ多いからという説もある)。さらには山梨の銘菓、信玄餅も食べない。なぜだかおわかりだろうか。信玄餅を製造しているのは「桔梗屋」だからなのだ。これは彼女独自の拘りなのかもしれないが、ここに至って日秀が平将門公ゆかりの地であると確信するのである。

 

この記事は日秀・観音寺さんの公式HPを参考にさせていただきました。


令和

「令和」か・・・「昭和」と響きが似ているせいか、「平成」のときのような意外感はなかった。

 

4月1日だけに「な〜んちゃってね。本当は・・・」なんてやったら、「さすが管さん!」と拍手喝采するのだが。

 

結婚を控えた知り合いがいて、今日の新元号発表を見てから婚姻届を出すと言っていたが、二人は「令和」に切り替わるまで待つだろうか。それとも「平成」のうちに届けを出すことにしただろうか。

 

「安」の入った年号にするのではないかという噂も流れたが、「安政」はもう十分続いたではないか。さらに続けたいような動きもあるが、もう結構だ。


花見散歩

三月最終日は穏やかに晴れた。昼に食べたラーメンとケーキのカロリーを消費するべく、夫婦で散歩に出た。

 

我が家の周辺でも桜がほぼ満開。

わざわざごったがえす上野公園まで行く必要はない。

 

ここはニッカウヰスキー東京工場。

7分咲きといったところ。

 

近所の三角公園。

1時間ほど歩いて帰着。全身全霊がビールを欲したがぐっと我慢。我慢によるストレスも相当体に悪い気もするが、あと2時間もしたら湯上がりのぐびぐびを楽しんでやるぞ。


ウン

今日は曇天の中、朝からバラの追肥作業を行った。

作業が三分の一くらいにさしかかり、ようやく調子が出てきたところで、頭に大粒の雨が落ちた。天気予報では夜から降り出すということだったのに困ったものだと空を見上げたが、それっきり雨粒は落ちてこない。その代わりに目に入ったのは雨樋にとまっているスズメだった。あ〜、さっぱりしたというような顔でこっちを見ている。

 

やられた!

 

せっかく付いたウンだから、そのまま作業を続けようかとも思ったが、ウグイスの糞エステというのは聞いたことあるけれど、スズメの糞に効果があるとも思えない。それに頭にスズメの糞をつけて庭いじりをする姿は絵的に変なおやじだ。作業を中断してシャワーを浴びた。

20分ばかり時間をロスしたが、雨が降り出す前に作業終了。ウンも付いたことだし、ウンといい花を咲かせてほしいものだ。


ひよっこ2

3月25日から4日間やっていた「ひよっこ2」が昨日で終わってしまった。少しばかり「ひよっこ2ロス」だ。

なにしろ、録画して夕飯を食べながら見た朝ドラは後にも先にも(先はわからないか・・・)「あまちゃん」と「ひよっこ」だけだ。

2年後の近況報告とあっては見ないわけにはいかない。

ドラマの筋立て自体は大したことはなかったけれど、同窓会的雰囲気を満喫した。向島電気の「ご安全に!」の工場長(だったっけ?)まで瞬間芸的に登場したのはすごかった。あれでギャラはいくらだったのだろう・・・。

テレビから消滅しつつある2時間サスペンスも大好きだが、「ひよっこ」のように悪人が一切登場しない、しかも幸せな気分に泣けるほのぼの系は大事だ。

 

最後にみね子がすずふり亭の「オープン」を「またね」にひっくり返したが、「ひよっこ3があるよ」ということだろうか。

楽しみだ。


あじさいの小径

「あじさいの小径」などというとかっこいいが、我が家の狭い庭に「小径」もへったくれもない。

バラがうまく育たない日陰 or 半日陰スペースに、一昨年挿し木して育てたアジサイ(ほとんどが山アジサイ)を地面におろした。

花が咲いている様子を頭に思い描きながらのこういう作業こそ、ガーデニングの醍醐味だ。

サザエさんを見ながらこんなブログ記事を書いているのも幸せなひと時だが、明日からまた一週間が始まる。明日最初のタスクは資源ゴミ捨て・・・Deep Blue  Monday・・・。


春分の日

彼岸の中日、墓参りに行く予定・・・

お寺にいる間だけでも雨が降らないでくれるといいのだが。


アンズ満開

先週末に突如インターネットもメールも不通となり、スマホを持たない我々夫婦は為す術もなく・・・ひたすら今日のモデム交換工事を待っておりました。

 

ブログUPをサボっているどころか、ついにブログそのものをやめたか、酒の飲み過ぎでぶっ倒れたかと思っていた皆さん、ご心配をおかけしました。生きております。

 

その間に開花したアンズが、今日は満開です。

実もいっぱい成るといいのですが。


太川蛭子

お楽しみの番組、テレビ東京の「太川蛭子・ローカル鉄道旅」を見た。

今日のはなんだかいまひとつだったが、番宣でやっていたが、4月から毎週木曜日、「太川蛭子の旅バラ」という番組が始まるらしい。旅番組が下火の昨今、大いに期待したい。

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM