ほまれ酒造

飲兵衛6人で、福島県を代表する酒のひとつ「会津ほまれ」を醸す、喜多方市のほまれ酒造(株)を訪れました。

 

ひとしきり試飲させて頂き、酒蔵見学をお願いしました。精米から出荷までの流れを、工場の外からではありますが、説明を聞きながらぐるりと見て回ることができます。

右の建物(以前はここで玄米を精米していたそうですが、今は精米された米の集積所)に集められた米は風圧により上の管を通って左の建物に運ばれ、酒造りが始まります。

この貯蔵タンクには1200石、1石=一升瓶100本ですから12万本分の日本酒が入っているそうです。いったいどのくらい生きたら飲み切れるでしょうか・・・(頭の中でざっと計算・・・)・・・仙人にでもならない限り無理。

 

ここは敷地内にある日本庭園「雲嶺庵(うんれいあん)」。

この見事な庭園を眺めながら、結構いい気持ちになるまで試飲できます。(運転手さんには申し訳ない)

 

そうなのです。フリーアナウンサーの唐橋ユミさんはほまれ酒造の会長さんのご令嬢です。

 

このあと会津若松市内の居酒屋で会津の美酒をしこたま飲んでビジネスホテルに泊まり、本日午後に帰着。ただ今、ほまれ酒造で買った「会津ほまれ 華吹雪仕込 純米」と「純米吟醸生原酒 雲嶺庵」で晩酌中。

淡麗辛口の前者と膨らみのある芳醇な後者が互いを引き立て合い、とまらんち会長。でもいいかげんにしないと明日からの一週間が辛くなる・・・。 

 

 


恒例 秋の一族旅行

恒例の一族旅行、三連休ゆえに大渋滞を恐れ、都心通過を避けて群馬・長野方面が続いたが、今回は伊豆・修善寺へ。運良く、行きも帰りも間一髪で大渋滞を回避できました。

 

詳細は後日として(いつになることか・・・)、今日は写真だけのダイジェスト版です。時系列でどうぞ。

 


いわし? ひつじ?

今日はすがすがしい秋晴れだった。空にはこんな雲が・・・

 

とっさに「いわし雲」(or「うろこ雲」)と思ったが、秋空を横断するひつじの群れにも見えてきた。「ひつじ雲」?

 

いわし雲とひつじ雲は雲の分類上別物らしい。難しく言うと前者は「巻積雲」、後者は「高積雲」というらしい。見分け方としては巻積雲の方が高いところに出来て、薄いのだという。

 

ということはこれはいわしとひつじの共演? 仲良きことは美しきかな(無茶の小路)。 


新・水戸黄門 第一話

BS-TBSで「水戸黄門」が始まった。本当は地上波で、と言いたいところだがわがままは言うまい。

 

 

武田鉄矢黄門さまはどうだろうと恐る恐るチャンネルを回した(押した)ところ、う〜ん・・・なかなかいいではないか。キャストは一新したが、プロット、BGM、醸し出す雰囲気・・・すべて昔のまま。安心した。

 

武田鉄矢さんらしい、四字熟語のレクチャーは定番になるのかな。

 

話はお決まりの西山荘に始まったが、地上波時代はオールクリアで義賊・風車の弥七の登場からである。う〜ん、新鮮。

 

お〜っ、懐かしいこのアングル。

 

乾ききったスポンジが吸水する如く、心が満たされていく・・・。

 

訪れた地の特産品の紹介をさりげなく出すのも憎いじゃないですか。

これは今回の舞台、いわき・小名浜港で上がるメヒカリだ。

 

たまらんち会長。

 

スポンサーのひとつ、マルちゃんのこのCMには笑ってしまった。

 

番組最後の「弥七が行く!〜東北のいま〜」コーナーもなかなかいい試み。

 

夜7時というのは勤め人にとっては非常に厳しい時間帯だが・・・

 

よし決めた。毎週水曜日はノー残業デー、誰に何と言われようが定時に退社しよう。


praying mantis

バラを見回っていたらカマキリがいた。以前見つけた、あのちびっこカマキリかな?

 

カマキリは英語で"praying mantis"。鎌のような前足を折り曲げている姿が祈る(pray)ように見えるところから、そう呼ばれている。このカマキリは何を祈っているのだろう。

 

衆議院選を前に野党が、といよりMS党が混迷の挙げ句に分裂した。KBの党の軍門に下ったあの人たちは何だったのだろう。賛成はできないがY.K氏の方が遙かに首尾一貫している。RM党結成は遅きに失した感があるが、KBの党と対極で首尾一貫しているNC党やSM党と連携して頑張ってほしい。

 

それにしてもAB君は自身のMT学園・KK学園問題がどこかへ吹き飛んでしまってウホウホ顔だ。まったくうまい解散をしたものだ。

 

どうか選挙後にあのどや顔が見られませんように。カマキリといっしょに祈ります。

 


ミョウガ

ミョウガがとれた。我が家のミョウガは奥手だが、今年はさらに遅い収穫だ。

 

まるまるとして美味しそう。最近一段と物忘れがひどくなってきたが、構うことはない。どんどん食べてやれ。

 

 


ひよっこロス

「ひよっこ」が昨日で終わってしまった。

録画を見ながら晩酌するのが楽しみだったのだが・・・。朝の連ドラを本気で見たのは「あまちゃん」以来だった。

一家で「涙くんさよなら」を歌う場面にはほろりときた。

 

しばらくひよっこロスの日々になりそうだ。


2017年秋のバラ(1)〜プレイガール〜

秋ばらの開花が始まった。

 

開花第一号はプレイガール。今年の夏(秋)の剪定はFLは8月27日に、HTは9月3日に行った。このプレイガールは癌腫になってしまい、昨年暮れの鉢替え時に切開手術を施した。だめかなと思っていたら、なんとベーサルシュートが出た。株を育てるために夏の剪定は浅くしたので10月を待たずに早めの開花となった。

 

撮影していたらクロアゲハが蜜を吸いに来た。

 

もっといいアングルで・・・と思ったら行ってしまった。残念。


ネーブル

雨上がりの彼岸中日。ネーブルがぶらぶら生っている。100〜150個はあるだろうか。色づいてくるのはまだまだ先だが楽しみ。

 

これから墓参りだ。


洋食屋のロールキャベツ

今年の国際バラとガーデニングショウの自由花アレンジメント部門優秀賞の副賞(選べるカタログ)でもらったレマン(三重県)の「洋食屋のロールキャベル」。

 

三重県が誇るブランド牛、松阪牛の合い挽きミンチを使っている。

 

美味い! 松阪牛のうまみをソースが良く引き出している。1個240gでボリューム満点。赤ワインも合いそうだが、ここはやはりこの酒だろう。

 

宮の雪((株)宮崎本店・三重県四日市市)。伊勢志摩サミットでも供された酒だ。ラベルもいいではないか。AB君のどや顔が浮かぶのを振り払いながら、松阪牛のロールキャベツと宮の雪を味わうのであった。

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM