2019年夫婦忘年旅(5)〜ハーベスト那須でリラックス〜

夕食後のクリスマスコンサートを先にUPしたが、時計の針を5時間ほど戻します。

 

小鹿の湯で硫黄泉を体にたっぷり染みこませてから、チェックイン。15時より少し早く到着してしまったが「部屋の準備ができましたので」と受け付けてくれた。

 

スタンダードルームだが十分広い。

早速浴衣に着替えて、いざ整体マッサージ&温泉へ。

身も心もリラックス。

 

さらに部屋に戻って湯上がりのビール。

あ〜、たまらんち会長。


2019年夫婦忘年旅(4)〜ハーベスト那須・クリスマスコンサート〜

宿泊したのは東急ハーベスト那須。知人から毎年頂戴している宿泊利用券を使わせていただいた。

 

チェックイン→整体マッサージ・入浴→夕食・・・の順にUPするつもりだったが、今宵はクリスマスなので。

 

夕食後、たまたまロビーに行ったところ、クリスマスコンサートの真っ最中だった。

ピアノ・バイオリン。チェロの三重奏、すてきなコンサートだった。

クリスマスでわくわくするような年令ではないが、楽しいひと時を過ごすことができた。


2019年夫婦忘年旅(3)〜小鹿の湯〜

13:30、那須に到着。チェックインの15:00にはまだ時間があるので、予定どおり那須湯本温泉「小鹿の湯」でひと風呂浴びることにした。

 

あまり宣伝して混むようになると困るので、小声で言いますが「極上の入浴施設です。」

有名な共同浴場「鹿の湯」はいつも芋洗い状態だが、同じ鹿の湯源泉を引いている「小鹿の湯」は規模こそバンビだが、風格のある内湯と小さいながら露天風呂もある。そして何よりも空いている。

宿泊した東急ハーベストで、一年間頑張った自分たちへのご褒美に整体マッサージをしたのだが、整体師の女性が開口一番「どこか温泉に入って来られましたか?」と聞いてきた。「小鹿の湯」に入ってきました」と答えると、「やっぱり。温泉のにおいがプンプンします。小鹿の湯は私も大好きです。湯治場的雰囲気でいいですよね。鹿の湯源泉は体にも効きます。」

 

くれぐれも言っておきますが、小鹿の湯のことはあまり広めないでください。

 

 


2019年夫婦忘年旅(2)〜佐野SA〜

土曜の東北道下りは思いの外空いていた。遅めに家を出たこともあったが、1時間半ちょっとで佐野SAに到着。

 

目的はもちろん佐野ラーメン。

 

今までメニューに餃子がないのが不満だったが、「ラーメン餃子セット」が初お目見え。

美味しい餃子だった。贔屓にしよう。

 

外のゴミ箱にはこんなものも初お目見え。

これはあくまでも想像だが、燃えるゴミ用のゴミ箱に入れてしまう飼い主が多いのかも知れない。

 

この調子なら13時半には那須湯本に着きそうだ。


2019年夫婦忘年旅(1)〜旅の余韻〜

今年も行ってきました、夫婦忘年温泉旅。

 

渋滞にも遭わず、無事帰着。

一杯やりながら、移転リニューアルした東北道蓮田SAで買ってきた米八のスペシャルおこわを食べています。

果たして明朝、ちゃんと起きられるかどうか。何しろ「12月23日は祝日」と30年間で体に染みついてしまっているから・・・。

 

さあ、寝過ごさないように今夜はとっとと寝よう。


銀座ライオン ビヤホール 達人の生

正式名称はわからないが、サッポロ党でもあり、何だか旨そうなので買ってきた。

銀座ライオンもずいぶん行っていない。というよりビアホール自体とんとご無沙汰している。最後に行ったのは札幌だったかな。あの頃はまだ若く、大ジョッキを7,8杯飲んだ記憶がある。ビアホールで飲むビールは特に旨いのだ。

 

350ml缶を6本買ってきたが、さすがに今宵、6本全部飲んでしまうようなことはしない。うちはビアホールではないし、第一そんな自爆テロのようなことをして、責められこそすれ、誰も褒めてくれない。


12月14日

12月14日といえば赤穂浪士討ち入りの日だが、それとは関係なく・・・

 

朝日新聞社主催のフォーラム「朝日教育会議〜歴史×ITで読み解く新時代」を聞きに、慶應義塾大学三田キャンパスに行ってきた。

歴史学者・磯田道史氏の「古文書から読み解く現代の課題」、慶大医学部北川教授の「ソサエティ5.0における医療の未来」、慶大法学部君嶋教授の「AIにおける法と倫理」、慶大環境情報学部村井教授の「インターネット文明」。いずれも興味深い話だった。

 

その後は学生時代の仲間たちとの忘年会。1時間半ほど遅刻だが、原宿に向かった。

 

大正13年竣工の都内最古の木造駅舎。残念ながら耐火性能を満たしていないために来年取り壊されることになった。現在、新駅舎が建設中だが、解体後は防火資材を使って現在のデザインを再現した駅舎も建て直されて新駅舎と共用する予定だという。

表参道の人混みに揉まれながら、やっとのことで忘年会場にたどり着いたときのビールの美味かったのなんのって!


バラの鉢替え作業開始

昨日はデコポンの収穫の他にバラの鉢替え作業も開始した。

 

鉢から株を抜き出し、病害虫を確認しながら根を3分の1ほど切る。

土に堆肥を混ぜ込む。本当は新しい土に替えたいのだが、古い土の捨て場がないのでちょっと高価な堆肥を使うことでバラには我慢してもらっている。

株を植え直して完成。

 

まだ全体の5分の1しか終わっていないのだが、早くも腰が悲鳴を上げている。昨夜は8時半に床に就いたのだが、今日は一日調子が悪かった。悲しいかな、だんだん無理が利かない体になってきた・・・トホホ。


デコポン収穫

昨年生り年だった我が家のデコポン。今年はゆっくり休んでくれてもよかったのだが、予想外に生った。

鳥がつっつき始めたので収穫した。

 

食べてみたら・・・う〜ん、なかなか美味い。

8個ほどだめになったが、取り時を教えてくれた鳥だ、勘弁してやろう。


当選!

温泉同好会から帰ったその日に、幼い頃から遊んでもらった叔父の死去の知らせが入り、仙台で葬儀に参列したりと悲しく忙しい一週間だったが、一段落してメールを確認したらうれしい知らせが届いていた。

 

朝日教育会議主催の「14大学・法人×朝日新聞社による社会課題解決をめざす連続フォーラム vol.14」の磯田道史氏が基調講演を行う「歴史×ITで読み解く新時代」(於・慶應義塾大学三田キャンパス)に応募していたのだが、めでたく当選した。550名招待でどのくらいの応募があったのかは不明だが、うれしい。

歴史学者である磯田氏は毎週欠かさず見ている(今週は仙台に行っていたので見ることができなかったが)「英雄たちの選択」(NHKBSプレミアム)の司会者で、『武士の家計簿』の著者としても有名だ。小学生の頃から古文書を読み解いたというから、今回どんな話が聞けるのか大いに楽しみだ。

 

当日は学生時代の忘年会もあり、ちょっと遅刻してしまうが、そちらも楽しみ。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM