入山キュウリ 〜種採取〜

入山キュウリの種を取ろう。

s-iriyamakyuri_tane (1).jpg

すでに上部は枯れているが種を取るために実を一つだけ残しておいた。腐らせてから種を取り出すという手もあるが、臭いのでやめておく。ここまで熟せば大丈夫だ。

 

切ってみると・・・

s-iriyamakyuri_tane (3).jpg

しっかりした種ができている。

 

スプーンでこそぎ取ってざるに入れ、種の周りのぬるぬるしたゼリー状のものを洗い流す。

s-iriyamakyuri_tane (4).jpg

種を覆っているこのぬるぬるは発芽を抑制する働きをし、自然界では実が腐って土に落ちた後、春まで発芽させずに種を保護するそうだ。そうでないと秋に発芽してしまい、冬を越せないのだ。うまくできている。

 

水洗いしたらキッチンペーパーに載せて乾かし、茶封筒に入れて保存する。

s-iriyamakyuri_tane (5).jpg

10年程前に本場の群馬県旧六合村の道の駅で種を販売しているのを偶然見つけ、以来毎年こうして繋いできた。これで来年も入山キュウリが楽しめる。

 

s-iriyamakyuri_tane (6).jpg

種を取った後の実をどうしよう・・・。

 

冬瓜風にあんかけにしてみた。

s-iriyamakyuri_tane (7).jpg

まあまあか。面倒がらずに挽肉を買いに行けばよかった。


関連する記事
コメント
種の周りのヌルヌルの意味、実は先日『野菜の時間』で私も初めて知りました。排水溝で発芽したのですか?! まさに水耕栽培ですね。

妻が道の駅で冬瓜を買ってきました。やはりそぼろあんかけが美味しいですね。やってみます。

あのキュウリ、私もあそこまで瑞々しいとは思わなかったので、思わず調理してしまいました。
  • やなぎ
  • 2020/09/15 6:25 AM
こんばんは。きゅうりのあんかけ、美味しそうではないですか。私も先日道の駅で買った冬瓜でそぼろあんかけ作りました。好きな食材です。
ところで、きゅうりのタネの周りのヌルヌルの意味は知りませんでした!メロンもそうですよね。
昔、台所の排水溝のネットにメロンのタネを放置したまま出勤したら、家に帰ってみたら発芽していて驚いたことを思い出しました。ヌルヌルがすっかり取れてしまったのですね。
しかし、見た目は茶色でも中は瑞々しいんですね。そこに驚きましたー。
  • よちゃこ
  • 2020/09/14 8:22 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM