団十郎日記(19)〜押し花〜

団十郎朝顔で押し花を作った。

 

s-oshibana2020830(1).jpg

筒の部分は切る。こうすることで花がきれいに広がる。

s-oshibana2020830(2).jpg

花と葉を紙の上に配置する。紙は京花紙を使ってみた。京花紙はバラのコンテストで会場に持ち運ぶまでの花弁保護用に持っている。

s-danjuro20200830 (3).jpg

上にも京花紙を載せて新聞紙に挟み、雑誌の間に挟んで

s-oshibana2020830(3).jpg

本で重しをする。

 

1週間後・・・

s-oshibana202095(1).jpg

出来た!

s-oshibana202095(2).jpg

大成功!!

 

団十郎、骨までしゃぶり尽くすように楽しませてもらっている。


コメント
そうかあ〜 先生から100点もらえますかあ〜。
こういうのって、損得勘定抜きで、ただただ興味に導かれるままにやるから面白いし、上手くいくんですねえ・・・もう一度、小学生からやり直したい。。。
  • やなぎ
  • 2020/09/08 4:50 PM
まさに、骨までとはこのことですね。恐れ入りました。やなぎさんのおたくは、あちこちに団十郎の面影が残って、秋になっても楽しめそう。
押し花とか草木染めとかは、古から、綺麗なものを長く愛でていたいという人間の知恵なんですねー。
やなぎさんの今年の夏の自由研究は充実してましたね。先生から100点もらえますよ。
  • よちゃこ
  • 2020/09/08 12:04 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM