蓼藍

今日から9月。空もちゃんとカレンダーをめくったようで、秋風が心地よい朝を迎えた。夜のうちに少し雨が降ったらしく、庭の草木が濡れている。土日のうちに蓼藍を摘み取っておいてよかった。

 

s-2020830ai (2).jpg

s-2020830ai (1).jpg

この蓼藍は十数年前に軽井沢の野ばらのおばちゃんから頂いたもの。数本の幼苗がこぼれ種でどんどん増えて庭の良いアクセントになっている。

s-2020830ai (3).jpg

蓼藍はドライフラワーにしても楽しめる。

s-2020830ai (4).jpg

こうして天井から吊しておくだけ。

 

面白いことに、乾燥すると葉が藍色になる。

これは部屋に吊して2日後の今朝撮影したもの。

 

藍染めをしてみたら?と思われる方もおいでかもしれないが、藍染めは難しい。

 

何を隠そう、昨日生葉染めを試みたが見事に失敗した。乾燥葉ですくもを作り、藍を建てるなどというのはハードルが高すぎ晋作。でもそのうち是非挑戦してみたい。


関連する記事
コメント
なんでも鑑定団を見ていたので、不本意ながらまだ起きていました。よちゃこさんが気になって寝られないといけないので・・・

愛の匂い、と言いたいところですが、ずばり干し草の匂いです。
  • やなぎ
  • 2020/09/01 10:07 PM
こんばんは。ちょっと気になったので、今日できることは今日のうちに。
タデアイがまるでニョキニョキと天井から生えているようなドライフラワー部屋ですが、どんな香りがするのでしょう。くんくん
  • よちゃこ
  • 2020/09/01 8:52 PM
こんばんは。クラシック音楽好きで詩人の園芸坊主です。数々の称号をありがとうございます。

蓼藍は「タデアイ」で結構です。蓼食う虫も好き好きの蓼のご親戚で、「アカマンマ」で知られるイヌタデもその一族です。あまり虫は付きませんが、やはり物好きな虫もいて所々かじられています。

藍染めといういい自由研究の課題が出来て当分楽しめそうです。
  • やなぎ
  • 2020/09/01 5:39 PM
空もちゃんとカレンダーをめくったようで、、、うーん。詩人です。やはり、ただの園芸坊主ではないですねぇ。
今昼で外に出ましたが、ほんとだ!涼しいです。拍子抜けしちゃうくらい。このまま秋に突入でしょうか。
タデアイと読むのでしょうか?お初です。蓼食う虫も好き好きのタデとご親戚ですか?
わたしも文脈から藍染するのかと思いました。きっとそのうちご報告があるのでしょう。楽しみにしています。
  • よちゃこ
  • 2020/09/01 12:19 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM