ビーフストロガノフを作る

牛肉としめじ、それに玉ねぎがあったのでビーフストロガノフに挑戦した。

 

参考にさせていただいたのはこちら→ お手軽ビーフストロガノフ風 レシピ・作り方

 

紹介されていた材料は2人前だが、それぞれ一人暮らしをしている両実家の母(車で30分圏内)にも差し入れしようと、4人分作ることにした。

 

牛肉薄切り300g、玉ねぎ1個、しめじ1個、小麦粉大さじ2、デミグラスソース1缶、ケチャップ大さじ5、中濃ソース大さじ4,赤ワイン100ml、水300ml、生クリーム大さじ4、バター40g、サラダ油大さじ1、塩こしょう適量

s-20200624 (1).jpg

計りながら調理するという器用なことはできないので、予め全ての材料を準備しておく。上の写真は玉ねぎを切り、しめじの石づきを取ってほぐし、牛肉を切って塩こしょうと小麦粉をまぶしたところ。あとは順番にフライパンに入れていくだけ・・・ここまでくれば勝ったも同然だ。

s-20200624 (3).jpg

サラダ油を入れて、玉ねぎと牛肉を炒める。

s-20200624 (4).jpg

玉ねぎと牛肉が炒まったら、しめじを入れる。

s-20200624 (5).jpg

デミグラスソース、ケチャップ、中濃ソース、赤ワイン、水を入れる。

s-20200624 (2).jpg

赤ワイン・・・このまま飲んでしまいたい。昔、金子信雄さんが料理番組でアシスタントの東ちづるさんに作らせておいて、自分はひたすら酒を飲んでいたのを思い出す。

s-20200624 (6).jpg

20分煮込む。焦げ付かないようにかき混ぜていなければならないのがちょっと面倒。世のキッチンドリンカーはこのあたりで一杯やるのかな?

s-20200624 (7).jpg

20分煮たら生クリームとバターをぶっ込み、さらに5分煮込む。

s-20200624 (8).jpg

完成!

 

ご飯にかけて仕上げに生クリームを少しかけ、スプーンで口に入れる。

s-20200624 (9).jpg

うまいのなんの、南野陽子!

 

ビーフストロガノフというのはロシア料理で、ウラル地方の貴族・ストロガノフ家が考案したという。牛肉好きの長老のために柔らかく煮込んだのが初めとか、経緯には諸説あるようだが、美味い料理を考えてくれてありがとう、ストロガノフ家。


コメント
ビーフストロガノフとハヤシライスの違いねえ・・・ハヤシライスとハッシュドビーフは同一物ですよねえ。。。生クリームを入れるか入れないかくらいの違いかなあ・・・全くわかりません。

「さあ、ビーフストロガノフを召し上がれ」って旦那に出せばありがたみが増すかも??

明日は花金だから赤ワインもじゃんじゃん飲んで下さい。

今夜はとろろご飯ととろろ芋の磯辺揚げを作る予定。
  • やなぎ
  • 2020/06/25 3:06 PM
美味しそう!これ、私も作ってみようと思います。お母さま方もさぞかし嬉しかったでしょう。私なら泣いちゃうなぁ。
ビーフストロガノフとハヤシライスの違いがよくわかりませんが、明日の晩、うちもビーフストロガノフ(舌噛みそうです)にします。今日は塩鮭に決まっているので。。。
  • よちゃこ
  • 2020/06/25 12:14 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM