2020年6月プチ湯治 in 草津〜前編〜

6月19日、県をまたぐ移動自粛が全面解除となったので、草津温泉に行ってきた。前回行ったのは去年の8月だから、なんと10ヶ月ぶりの草津だ。

s-2020620kisatsu (10).jpg

移動自粛解除最初の土日、やはりいつもよりは少ないがそれでもかなりの人出だ。

s-2020620kisatsu (9).jpg

みんな楽しそうに湯畑を歩いている。人の嬉しそうな顔を見ると自分も一層楽しくなる、温泉地というのはそういう相乗効果を生む所だ。以前共同浴場でやくざさんの親分と子分、そして私の3人きりになったことがあるが、湯舟の中ではその筋の方々も優しい顔になる。

s-2020620kisatsu (11).jpg

我々夫婦もちょっとだけマスクを外して硫黄香いっぱいの空気を思いっきり吸い込んだ。

s-2020620kisatsu (14).jpg

あ〜、やっぱり温泉はいいなあ・・・草津はいいなあ・・・

 

恋の病以外は万病に効くという草津の湯。新型コロナウイルスも死滅させてくれるといいのだけれど。

 

ちなみに上の湯畑の写真右下の木枠をご存じだろうか。八代将軍徳川吉宗のために湯を汲み上げるときに作ったものだそうだ。

 

さて、どの浴場にしようか。無料の共同浴場・白旗乃湯を覗いてみるとかなり密な状態だったのでやめにした。

 

そこで、白旗源泉を引いている奈良屋旅館で立ち寄り湯をすることに。

s-2020620kisatsu (3).jpg

奈良屋の湯は、天下の名湯・草津温泉の中でも特に名湯の誉れ高い白旗源泉を地下槽で適温まで冷ましてからかけ流している。

s-2020620kisatsu (2).jpg

個人的に「美しい内湯」の五指に数えている大好きな内湯だ。

よろしければこちらもご覧下さい→ 美しい内湯チョイス5

s-2020620kisatsu (1).jpg

タオル付で1人1100円だが、ご覧のとおりほぼ貸切り状態。50分くらい浸かっていただろうか、大満足である。

 

時刻は午後2時少し前。遅い昼食を取ろうとお気に入りの中華料理店「龍燕」に行ったら残念ながら昼の部は終了だった。これが塞翁が馬となるのだが、それは後編で。

 

上州麺処・平野家で蕎麦を食べることにした。

s-2020620kisatsu (12).jpg

蕎麦が茹で上がるまで、もちろんビール。生きていてよかった!と思う瞬間だ。

s-2020620kisatsu (13).jpg

舞茸天ぷら蕎麦も美味。文句を言うわけではないが、蕎麦の量がやたらに多かった。

 

「平の家でもうひと風呂入らない?」

 

やなぎ妻の提案である。あんたも好きねえ! もちろん異議なしだ。

 

麺処平野家と旅館平の家は同じ経営で、食事をすると日帰り入浴料金が1000円から800円になる。この日は満室でチェックイン時間の3時までならと言われたが、30分も入れれば十分だ。

 

s-2020620kisatsu (4).jpg

10人程は入れる内湯がひとつだけ。これで1000円は高いのでは?と思われるかもしれないが、侮るなかれ。お湯が抜群に良いのである。

s-2020620kisatsu (8).jpg

白旗源泉を引いている宿は先ほど入った奈良屋の他10軒ほどあるが、「自然流下の単独パイプ」を持つのはこの平の家だけだという。

s-2020620kisatsu (5).jpg

奈良屋の湯は適温まで寝かせてからかけ流している「まろやかな白旗の湯」。それに対して平の家の湯は「ぴっちぴちの白旗の湯」だ。言い方は変だが、共同浴場白旗乃湯を1000円(今回は800円)払って貸切りにした感じ(いつも空いているだけで貸切りではないので念のため)。しかも共同浴場ほど熱くない。

s-2020620kisatsu (6).jpg

自然流下してきた湯を全部湯舟に流したら熱くて入れないので、このように調節して流し込む。そして残りは・・・

s-2020620kisatsu (7).jpg

ああ、もったいない。家までパイプで引いて持って帰れたらどんなにステキだろう。

 

平の家の白旗の湯に入ると体中の細胞が心底喜ぶのである。

 

おっと、あまり書き過ぎてはいけない。せっかくの穴場が穴場でなくなってしまう。今読んだことは忘れて下さい。

 

共同浴場「白旗乃湯」、奈良屋のまろやか白旗の湯、平の家のぴっちぴち白旗の湯。3つ梯子してみてはいかがでしょうか。


コメント
みーしゃさん、こんにちは。
草津、ようやく行けました!

新型コロナの影響で、立ち寄り湯はやっていないかなと思ったら、どの宿もやっていました。ただし、ドライヤー等、不特定多数が触れそうなものは置いてありませんでした。

草津館も白旗乃湯と若乃湯という2つの源泉を味わえますね。以前、朝食のみのコースで宿泊したことがあります。夕食は龍燕で食べました。

赤いやつってひょっとして「温泉パップ」ですか? そういえば見かけませんね。今回はホテルみゆきが製造販売している「草津名湯の湯」という温泉濃縮液を買ってきました。やはり風呂釜を傷めるので追い炊きはできません。そのうちレポしますね。
  • やなぎ
  • 2020/06/26 6:03 PM
やなぎさん、こんにちは
草津、奈良屋さんのお風呂、立ち寄りまだやってるんですね!いい湯ですよね
湯畑近くの宿では、草津館さんの日帰りも良かったですが
泊ってみたいな〜と思います
奈良屋さんにもいつか泊ってみたいです

夕食、テイクアウト買って楽しまれたんですね
美味しいお店のテイクアウトなら、楽でいいかも!!!
もう、硫黄の入浴剤って販売してないんでしょうね。。。
ふろがまが痛んでしまいそうな、赤いヤツ、、、なんだっけな名前。。。

暫くオジャマしてなかったら、沢山記事があって
ばば〜っと読ませていただきました!
  • みーしゃ
  • 2020/06/26 5:42 PM
よちゃこさん、おはようございます。
奈良屋に泊まったのですね。
でも記憶がないのですか? なかなかの宿泊料金だと思うのですが、残念ですね。飲み過ぎ???

湯畑周辺もリニューアルしましたよ。
是非また行ってみて下さい。
  • やなぎ
  • 2020/06/23 7:29 AM
こんばんは。奈良屋、泊まったことあります!でも、なぜかあまり記憶にない。なぜだろう。とても重厚感のある格式高そうなお風呂ですね。でも、覚えてない。飲みすぎたかなぁ。。。

それにしても、いいですね!草津。
我が家が行けるのはいつのことか。。。。
  • よちゃこ
  • 2020/06/22 11:02 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM