てんとう虫の羽化・完結編

皆様、たいへん長らくお待たせしました。いよいよてんとう虫の羽化の瞬間がやって参りました。

 

幼虫を発見してから8日、蛹を観察し始めてから6日後、ついにこの日を迎えた。

 

2020年5月30日(土)

11:50

頭を上げたり下げたり、今までのバックエクステンションとは明らかに違う動きだ。

11:51

11:52

これから完全に羽化するまでどのくらいかかるのだろう。

 

こうなったら歌い、祈るしかない。

 

 モスラヤ モスラ

 ドゥンガン カサクヤン インドゥムゥ

 ルスト ウィラードア

 ハンバ ハンバムヤン

 ランダ バンウンラダン

 トゥンジュカンラー

 カサクヤーンム

 

ご存じ「モスラの歌」(作詞・由起こうじ/作曲・古関裕而 昭和36年(1961))。

 

11:53

今、NHK朝の連続ドラマで古関裕而をモデルにした『エール』を放送しているが、GW中に番組PRで古関裕而の歌を紹介していて、この歌詞はインドネシア語だということを初めて知った。日本語にすると次のような意味だそうな。

 

   モスラよ 永遠の命 モスラよ

 悲しきしもべの祈りに応えて

 今こそよみがえれ

 モスラよ 力強い命を得て

 私たちを守れ 平和を守れ

 平和こそ永遠に続く

 繁栄の道である

 

どうやら日本語の歌詞が先で、それをインドネシア語に意訳してカタカナ化したようだ。架空の言語だとばかり思っていたので目から鱗。

 

11:54

新潟大学の「デジタルことばの窓」というサイトで面白い記事を見つけたので転記させていただきます。カタカナをインドネシア語に起し、それを和訳している。

 

 (前略)そこで、これを次のようなインドネシア語と考えると、意味が通る:

 Mothra, ya, Mothra
 Dengan kesaktian Indukmu
 Restuilah do'a hambamu
 yang rendah
 Bangunlah dan
 Tunjukkanlah Kasaktianmu

 

 モスラよ、モスラ
 あなたの母の神秘力で
 あなたの賤しきしもべの祈りを
 かなえたまえ
 さあ、起き上がり、
 その神秘の力をお示しください

 

面白い試み! こういうの大好きだ。

 

11:55 おっ

11:56 おおっ、一気にきた

11:58 よし、もうちょっと

さあ、皆さんもザ・ピーナッツとご一緒に!

 モスラヤ モスラ

 ドゥンガン カサクヤン インドゥムゥ

 ルスト ウィラードア

 ハンバ ハンバムヤン

 ランダ バンウンラダン

 トゥンジュカンラー

 カサクヤーンム

 

11:59 いけっ

12:01

12:02 出たっ!!

忙しなく動き出してから10分ほどの変身劇だった。

 

12:03 抜け殻の周りをうろうろ・・・


12:04 乗っかっちゃったりして・・

12:05 いよいよ旅立ちの時・・・

12:06

12:13 ここが気に入ったようだ。

それにしても何故こんなに鮮やかな黄色なのだろう。君は卵の黄身かって! 羽化したばかりでこんなに目立つ色をしていたら鳥に狙われそう。生物はすべてそうだが、生まれたてが一番危険だ。

 

12:21 お尻から何か出てきた。

12:25 羽だ。

12:26

12:31 どうやら羽を乾かしているらしい。

12:34 う〜ん、きれい。この姿を見ると"Ladybird"という気がしてくる。

12:53 乾いたようで、

12:57 格納。

14:28 体の色が黒ずんできた。

14:54 ひょっとして君は・・

15:22 ナミちゃんかな?

16:14 やっぱりナミテントウムシだ。

前々回のてんとう虫コーナーでお話ししたように、フタホシテントウやヨツホシテントウはナミテントウムシ(並みにいるてんとう虫)といって、ナナホシテントウよりも数が多いそうだ。作物を食い荒らすニジュウヤホシテントウなどの悪党一味と誤解されがちだが、立派な肉食系で、ナナホシテントウ以上にアブラムシやハダニなどを食べてくれる益虫だ。

 

夜道は危ないので一晩泊まってもらうことにした。

 

5月31日 早朝

差し入れのアンズの葉のベッドの上でまだ寝ている。

もう立派な成虫だ。ちなみにこれは雌のようだ。ナミテントウムシの雌雄の見分け方は割と簡単で、顔の先端が黒いのが雌、白いのが雄だそうだ。お尻の形状で区別するのが一番正確だがレディーに対して失礼なのでやめておこう。

 

身びいきではないが、このナミちゃん、べっぴんさんだ。

さあ、そろそろ別れの時。最初に幼虫を見つけたアジサイの葉っぱの上にそっと置いた。

遊んでくれてありがとう。


関連する記事
コメント
鉄板のおやじギャグをありがとうございます。
あっ、「おやじ」じゃないか。。。

この時間、やなぎ妻もすっかりしょんぼりしています。
二人ともがんばってください!
  • やなぎ
  • 2020/05/31 5:23 PM
なんのなんの、なんのようこ。南野陽子でした。。こちらこそ楽しませていただきました。
さて、そろそろサザエさん症候群の時間です。しくしく、、、
  • よちゃこ
  • 2020/05/31 4:03 PM
よちゃこさん、長いレポをご覧下さりありがとうございます。いい年してバカみたいでしょう?

散々楽しませてもらって恩返しだなんて滅相もありません。でもきっとアブラムシをいっぱい退治してくれることでしょう。
  • やなぎ
  • 2020/05/31 2:46 PM
祝!羽化。観察ご苦労さまでした。ナミちゃんだったんですね。羽化したては、黄色いチェリートマトみたい。ほんと、狙われてしまいそうで心配です。いつか、一宿一飯の義理を返しにきたりして。
てんとう虫の恩返し。
  • よちゃこ
  • 2020/05/31 12:08 PM
てんとう虫の羽化、初めて見ました。
楽しかったです。そしてきれいでした。

「&#128079」は文字化けしてしまいました。絵文字等は入らないようです。
  • やなぎ
  • 2020/05/31 9:57 AM
お見事!です。👏
お疲れ様でした。
  • 酔庵
  • 2020/05/31 8:56 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM