続・てんとう虫の羽化

観察を始めてから4日目の朝を迎えた。皆さんもその後どうなったのかと思っておられることでしょう。

 

観察開始翌日の5月26日、そして翌々日の27日は気づいた限りでは例のバックエクステンションを1セット行っただけだった。

とすると、観察初日のあの頻繁な動きは、蛹に成り立てで、自分の体の異変に驚いた幼虫が必死になって抗おうとする姿だったのかもしれない。上の写真は今朝7:23の様子。

 

昔、「妖怪人間ベム」というテレビ漫画があった。オープニングで、どろどろした液体がもがきながら妖怪人間に変身する場面があったが、てんとう虫の蛹も同じような心境なのかもしれない。

 

早く成虫になりたい!


関連する記事
コメント
実は私もてんとう虫の蛹を見るのはこれが初めてなんです。幼虫は知っていたので同じ場所にあったから勝手に蛹だと決めつけたわけで。。。

これで老母マリアみたいなのが出てきたら腰抜かします。
  • やなぎ
  • 2020/05/28 2:44 PM
サナギになりたてだったということでしょうか。
考えてみると、私が知ってるサナギは茶色のものですが、てんとう虫の場合はほぼ成虫のイメージなんですね。
ちょっと見には干からびたてんとう虫みたいに見えますね。まだ若いのに。
  • よちゃこ
  • 2020/05/28 12:08 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM