2020年アジサイ(2)

前回のアジサイの記事で「装飾花」だの「両性花」だのと書きながら、何の解説もしないまま終わってしまったので、今日はちょっとだけご説明します。と言いつつも実は大して知らないので、正確にお知りになりたい方はしかるべきサイトでお調べ下さい。

 

この山アジサイで説明すると、周りの赤い花が「装飾花」で、その内側の小さなごちゃごちゃしている部分が「両性花」です。

装飾花は「中性花」とも呼ばれ、花びらに見える部分は萼片です。まん中のぽちっとしている部分が本当の花らしいのですが、雄しべとも雌しべともつかないものがあるだけの「中性」の花で種子はつけません。装飾花の役割は、次に説明する両性花にハチなどの虫を引きつけるためのものだといわれています。

 

こちらが両性花。クローズアップしてみました。

開き始めたばかりなので逆にわかりやすいと思います。まん中の3つにご注目下さい。雄しべと雌しべが見えます。右側のものは5枚の小さな花びらが星形の花を形成しているのがよくわかります。画面いっぱいにあるピンクの練り菓子のような一つ一つが蕾です。装飾花はここに虫たちを引き寄せる「客寄せパンダ」だったのですね。

 

こうして見ると、アジサイの一房はひとつの銀河のよう。

とすれば、我が家の小さなアジサイコーナーはたくさんの銀河から成る大宇宙でしょうか。なんだか話が宮沢賢治っぽくなってきました。

 

ちなみに「アジサイ」で普通思い浮かべる大きな手鞠型のものは「ホンアジサイ(もしくは単にアジサイ)」といいますが、ガクアジサイの変種(さらにはそれが品種改良された園芸種)です。ガクアジサイの方が本家で、アジサイ(ホンアジサイ)は分家ということになるようです。ややこしいネーミングですね。

 

もうおわかりになったと思いますが、ホンアジサイの大きな手鞠を形成しているのは全部装飾花なのです。装飾花の中をかき分けてみると中の方に両性花が見られる品種もあるので、一度覗いてみて下さい。装飾花がないものは品種改良を重ねるうちに退化していったのでしょう。

 

以上、アジサイミニ知識した。


コメント
ふるカフェなら知ってるんですけどね。
数えで90になる母もラジオ深夜便、好きで聞いているようです。

鶴光、谷村新司、落合恵子、小島一慶・・・深夜放送全盛期、懐かしいですねえ。今や9時半就寝。
  • やなぎ
  • 2020/05/30 6:54 PM
もとい!山カフェでした。昼の憩いも、家にいれば良く聴きます。あと、ラジオ深夜便。
全部年寄りに優しいスローな番組です。
オールナイトニッポン聴いてた頃が懐かしいー。
  • よちゃこ
  • 2020/05/30 5:13 PM
こんにちは。お気に入りのTV番組「旅サラダ」は再放送なので、朝食後すぐにつるバラの咲き柄摘みの作業にかかり、今家の中に入ったところです。暑くなる前でよかったです。

朝のラジオというのもおしゃれですね! 勤めていたときはたまに出張先に行く途中、「昼の憩い」という番組が楽しみでした。
  • やなぎ
  • 2020/05/30 11:25 AM
おはようございます。NHKラジオの山中カフェを聴きたくて、私にしては超早起きの朝。コロナ禍で再放送ですが、好きな番組です。
あじさいミニ知識、勉強になりました。アジサイの方が分家だったんですね。でも、確かに、ガクアジサイにはアジサイにはない野趣?ワイルドさが感じられ、本家の意地みたいな雰囲気があるような気もします。
今日も園芸日和ですね。でも、暑くなるようなので熱中症にはご注意ください。
  • よちゃこ
  • 2020/05/30 8:24 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM