2020年春バラ(7)

昨日は昼前から深夜まで雨が降り続きました。おかげで傘を差してあげられなかったつるバラたちは重そうに首を垂れてしまっています。でもこのあと、乾いてくればまた元気な姿に戻ってくれるでしょう。

 

首うなだれた写真を撮るのも辛いので、昨日早朝に写したものをご紹介します。

 

ピエール・ド・ロンサール(左)とレイチェル・ボウズ・ライアン。

ザ・ピルグリム(左)とブラン・ピエール・ド・ロンサール。

 

夢乙女。

雪あかり。

 

夢乙女と雪あかり(夢乙女の枝変わり)は徳増一久さん作出のつる系ミニバラ。残念ながら徳増さんは昨年11月に91歳でお亡くなりになりました。徳増さんと初めてお会いしたのは国際バラとガーデニングショウに初出品した時でした。

 

出品の仕方がよくわからずおろおろしてる私たちを見かねて、一から教えてくださいました。持参した桜貝をご覧になり、「う〜ん、この花はまだ早過ぎたねえ」と言いながら、眼鏡の端を花弁の間に入れてぐるぐると回すと見る見るうちに花が開いていきました。「マジシャンみたいですねえ」と感心する我々に、「ちょっとはよくなったかな。会場までの移動時間とか当日の気温とかを考えながら、審査の時にベストの状態になるように花を持って来ないとね。経験を積めばわかってくるから大丈夫」とアドバイスして下さいました。

 

あの時以来、会う度にいろいろご指導下さり、私たちが所属する地域バラ会でも長年にわたり審査を勤めて下さいました。うちの夢乙女も雪あかりも東村山のご自宅からわざわざ持ってきてくださったもの。今年もきれいに咲きました。

 

今、『趣味の園芸』を観ていたら雪あかりが紹介されていました! これからも大切に育てたいと思います。


関連する記事
コメント
ここのところ、庭いじりを名目に散歩をさぼっています。しかも土日休日だけにしようと思っているビールは毎日。妻は明日は出勤日なので私も心を入れ替えます。
「週に何日かは自宅勤務が普通に」・・・なんでしたっけ?「新しい生活スタイル」でしたっけ? それで世の中が回るのなら、それはそれでいいのかなあ・・・でもそうはいかない業種がほとんどでしょうね。
  • やなぎ
  • 2020/05/17 9:32 PM
夕方の散歩中です。
サザエさんの時間に散歩することが多く、最近見ていませんが、そうか。やなぎさんにはサザエさん症候群がないのね。
私は明日も苦行の一日です。
でも、週に何日かの苦行が普通になることも、そう遠くはないのかも。
  • よちゃこ
  • 2020/05/17 7:41 PM
いい天気どころか夏でしたねえ。今、サザエさんを見ながらビールが五臓六腑にしみわたっています。

ここだけの話ですが、サザエさんの時間になっても全くダークな気分になりません(笑)
  • やなぎ
  • 2020/05/17 6:32 PM
昨日とは一転、今日はいい日ですね。労働後のランチビールはさぞかし美味しかったことでしょう。うちの近所のお庭にはピルグリムが多く見られます。つるバラも種類が豊富なんですねー。
日差しが強そうで一歩も外に出ていませんが、風が心地よいです。
さて、少し働きます。
  • よちゃこ
  • 2020/05/17 2:37 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM