オオイヌノフグリ

春のこの時期、散歩をしていてよく見かけるのが直径1センチ弱のこの花。

オオイヌノフグリ。さらに小さな花を咲かせる在来種のイヌノフグリというのもあるが、今や帰化植物のオオイヌノフグリが幅を利かせている。

 

なぜ「犬のふぐり」というのかは皆さん、それとなくご存じだと思うが、実際にそれをまじまじとご覧になった方はそう多くないのではないだろうか。

 

ではご覧下さい。この愛らしい花が実になった状態を。(撮影、かなり苦労しました。)

まさしく、犬の「き○○ま」である。ちなみに関西では松笠のことを「ふぐり」というそうで(関西の方、そうなのですか?)、形状が松笠に似ていることから、アレを「ふぐり」というらしい。

 

こんな可愛らしい野の花が、その実の姿ゆえにこんな名前をつけられるとは・・・。せめて「アリノフグリ」くらいで勘弁してあげてほしかった。

 

ちなみに英名は、grey field speedwell とか Persian speedwell とか bird's eye とかいうらしい。"speedwell"は「早く元気になる」ということだろうから薬草としても用いられたのだろうか。"bird's eye"というのは可愛らしい花から付けられた名前だろうが、こうしてみると和名の着眼点はすごい。 


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM