将門公ゆかりの地を訪ねて(20)〜板東郷土館ミューズ(茨城県板東市山)〜

連載「将門公ゆかりの地を訪ねて」を毎日楽しみに待っていてくださる皆さん、今回はいよいよ将門公はどこに王城を建設しようとしたのかを書きたいと思う。

 

だがその前に、ネタ元を明かしておかなければならない。

 

昨年ブログを書いていて曲がりなりにも将門公を語るからには「将門記」を読まなくてはならないと思い調べていたら、坂東市が平成28年に漢文に読み下し文と現代語訳を加えた「坂東市本将門記」巻子本を作成し、合わせて読み下し文と現代語訳、さらに注釈を付けた「坂東市本将門記 現代語訳」を刊行したことを知った。発行元の坂東市立資料館(板東郷土館ミューズ)に問い合わせたところ、まだ残部があるとのことなので早速訪れた次第。

板東郷土館ミューズでは十数年間隔で平将門企画展を開催しているそうで、次回やる時には是非案内状を送ってほしいとお願いしておいた。

今年の2月14日から書き始めた「将門公ゆかりの地を訪ねて」の坂東市編は「坂東市本将門記 現代語訳」と板東郷土館ミューズの過去2回の将門展冊子を参考にしていることをお断りしておきたい。

 

さて、将門公が築こうとした王城の地を語るには、当時の地形と行政区分を確認しなければならない。

これが当時の板東八ヵ国(「坂東市本将門記 現代語訳」より)。一番上から時計回りに、下野国(しもつけ・国府は現在の栃木県栃木市)、常陸国(ひたち・国府は現在の茨城県石岡市)、下総国(しもうさ・国府は現在の千葉県市川市)、上総国(かずさ・国府は現在の千葉県市原市)、安房国(あわ・国府は現在の千葉県館山市)、相模国(さがみ・国府は現在の神奈川県海老名市?小田原市?平塚市?大磯町?)、武蔵国(むさし・国府は現在の東京都府中市)、上野国(かみつけ/こうずけ・国府は現在の群馬県前橋市か)。

 

<下総+上総+安房=だいたい現在の千葉県>なのだが(どうして地図の上(北)が下総で下(南)が上総なのかについてはまた別の機会で)、チーバくんの鼻が上に腫れ上がっているのにお気づきだろうか。ちなみにチーバくんというのは千葉県のマスコットキャラクターで千葉県の形をしている。鼻先から耳にかけての頭部のラインが茨城県境になっている利根川ということになる。

(千葉県公式サイトより)

ご存じのように、江戸幕府による付け替え工事(「いわゆる利根川東遷」)で犬吠埼から太平洋に流れ出るようになる以前、利根川は東京湾に注いでいた。したがって下総と常陸の国境は利根川ではなく、香取の海(霞ヶ浦、印旛沼、手賀沼を含んだ内海)に注ぎ込む小貝川と鬼怒川だった。

(板東郷土館ミューズ板東市本将門記企画展のパンフレットより)

(「坂東市本将門記現代語訳」より)

現在の地図と見比べてみてほしい。

 

ざっくり言うと現在の茨城県坂東市、常総市、守谷市、取手市南部は下総国に属していた。そしてその地域(将門の時代でいうと猿島郡、豊田郡、相馬郡。相馬郡は千葉県我孫子市と柏市の北東部を含む)こそが父良将から将門が受け継いだ本拠地であり、その相続を巡って伯父たちと争い(当時は兄弟相続から長子相続への転換期だった)、ついには天慶の乱へと発展した場所なのだ。

 

だいぶ前置きが長くなったが、「王城を下総国の亭南に建つべし。兼て檥橋(ウキハシ)を以て号して京の山崎と為、相馬の郡大井の津を以て京の大津と為(セ)む」を読み解くには最低限必要な知識だ。

 

この王城建設宣言をしたのは天慶2年12月19日上野の国府においてのこと。上野国から見て「下総国の亭南」と言っている。その後で「相馬の郡」と言っているのだから文脈上「亭南」は相馬郡ではないということになる。

 

上の写真は以前ご紹介した柏市大井の「王城の地」とされる場所。ここは相馬郡なので残念ながらおそらくここではない。


では「亭南」とはどこかだが、昔から学者さん方が探してわからないのだから地名ではないだろう。とすると「亭の南」ということになり、「亭」とはどこ?ということになる。「亭」を漢和辞典で調べるとあずまや、簡素な建物、物見台とある。同じ読みの「邸」はやしき、大きな家で、高級官吏の豪邸を指した言葉のようだ。石井(岩井)の営所は将門の館もあったのだろうが、兵士の駐屯地であり、物見台もあったことだろう・・・とここまで書いてこじつけが過ぎることに我ながら苦笑してしまった。

 

結論として王城建設の地は坂東市岩井の島広山(石井営所跡)、それも「九重の桜」あたりということでいいのではないかと思う。九重の桜は島広山の真南200mほどの所にある。猿島郡主平守明が祖先と仰ぐ将門公の夢の地に御所の桜を植えた。将門公の死から500年近く経ったその当時、地元ではすでに王城建設の地と伝えられていたに違いない。

結局は情緒的な推測になってしまったが、一応の結論としたい。

 

ということでシリーズ第2弾はここまで。第3弾をお楽しみに!


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM