将門公ゆかりの地を訪ねて(18)〜延命寺(茨城県板東市岩井)〜

島広山の「石井の営所跡」から数百メートル南に、「島の薬師」として親しまれている延命寺がある。

 

案内板をそのまま転記させていただく。

 

延命寺は島広山の台上に石家営所(島広山)の鬼門除けとして建立された。天慶3年(940)藤原秀郷、平貞盛等に石井営所一帯を焼かれた時、薬師如来像は移し隠され、世の静まるのを待って現在の低湿地に祀られた、島の薬師として知られている。文安2年(1445)守谷城主相馬家が大檀那となって本堂、薬師堂、山門を建てたが、その後火災にあい山門だけが残った。薬師堂は有慶上人によって再建されたが、これも焼け、現在は仮堂である。延命寺の本尊「大日如来座像」は県の重要文化財に、山門、石製太鼓橋は市の重要文化財に指定されている。

 

なかなか立派な山門である。将門公の母は相馬氏につながる家の出であり、相馬氏は平将門の子孫を名乗ることから将門公ゆかりの寺の再建に力を貸したということだろう。相馬氏は後に下総相馬氏と奥州相馬氏に分かれたが、有名な相馬野馬追の起源は将門公の軍事訓練とされる。将門軍は騎馬戦に長け、瞬く間に板東8国府を掌握したのであった。

 

相馬野馬追は子供の頃、いわきに住んでいた時に見に行ったことがある。騎馬武者行列には三船敏郎がゲスト出演していた。知人宅の二階から見ていたところ、騎馬武者の一人(たぶん一杯やっていたのだろう)が「無礼者。上から見るとは何事だ!」と怒鳴った・・・と、この話は野馬追の話題になるたびに母から聞かされる。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM