麒麟がくる

「麒麟がくる」が始まった。

1547年・・・面白い時代だ。大河ドラマはこうでなくては。

近現代ではただの「ドキュメンタリードラマ」。はっきりとわからない時代を想像力豊かに描く、それが「大河ドラマ」だ。そういう意味では、自分としては来年の渋沢栄一は残念だが、再来年は北条義時に決まったそうで楽しみだ。

「麒麟がくる」では不明とされる明智光秀の若い頃から描かれ、桶狭間の戦いあたりが折り返し地点だという。

初回のつかみは十分、映像もきれいだった。次回が待ち遠しい。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM