北千住で鯨

日光道中千住宿である。

千住本町商店街はまさに芭蕉も歩いたその道。

 

月見座(つきみくら)はうっかりすると通り過ぎてしまいそうな店構えだが、店内は意外に奥深い。

 

去年の暑気払いに訪れた時には鰻肝の串焼きが美味しかったので期待したのだが、鰻の稚魚が激減しているせいだろうか、残念ながら今年はない。

 

その代わりに鯨があった。IWC脱退はいかにも安倍政権らしい強引なやり方だが、とりあえずそれは置いといて久しぶりの鯨を味わった。

鯨と千住葱炒め

鯨ベーコン

久しぶりの再会で話が尽きず、日本酒の品揃えも豊富なのでついつい長居してしまったが、さずがは飲兵衛の聖地、北千住の週末は賑やかだった。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM