バラゾウムシ

やられてる。

これも

これも

これも

これも。

 

蕾と期待が膨らんできたと思ったら、見事にそれを萎ませてくれるヤツがいる。

 

犯人は、バラゾウムシ。

蕾に卵を産み付けた後、花首を刺し、萎れさせて地面に落下させるという、身勝手にも見事な仕事ぶりだ。

 

薬剤散布しても直接かからない限り死なないから厄介で、捕殺以外有効な手段がない。

 

というわけで、刑事の如く張り込んで現行犯逮捕するしかないのだ。

 

発見!

敏感なヤツで、危険を察知すると自ら地面に落下するので、左手で受け皿を作り、右手で慎重に摘まみ取る。

御用だ!

犯行直後ならまだ現場に潜んでいる可能性もあるので、萎れた新芽も虱潰しに捜索だ。

また発見。今日は天気がいいのでヤツらの動きも活発だ。

これは交尾の真っ最中。御用だ!

こんなに小さい。正式名はクロケシツブチョッキリという。

 

本日までに被害に遭った蕾は20近く。

一番花は諦め、こうしてピンチして6月に二番花を楽しむしかなくなる。

 

今日は地道な張り込み捜査の甲斐あって、8匹捕殺。休みの日はこうして見張っていられるが、平日仕事に出ている間はバラゾウムシ・パラダイスだ。

 

こんな犯行現場もあった。

この残忍な手口ははあの凶悪犯の犯行に違いない。

 

いた。ヨトウムシだ。

卵も発見。

 

年度初めの疲れのせいか風邪を引いてしまい、寝ていたいがそんな暇もない。彼らとの格闘の日々が始まった。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM