将門公ゆかりの地を訪ねて(3)〜将門神社(千葉県我孫子市日秀)〜

「かまくら道」を過ぎるとまもなく、「将門神社入口」「将門の井戸入口」という2つの案内板がある。

まずは将門神社をお参りしよう。

 

将門神社は旧日秀村の村社で、かつてはこのあたりに将門公が出城を築いたと伝えられている。

将門公が戦死した時、その霊が日秀の郷に現れ、「吾は平親王将門の魂である、今よりこの地に止まり村中の老幼を守るであろう」と言って消え失せたという。郷土史誌「湖北村誌」によれば、この地はかつて将門公が(一説には戦死直後にその霊が)朝日を拝した所だといい、将門公没後この地に一宇を建立しその霊を迎えたのがその起源といわれている。

昔は木造の社があったというが、長らく石の祠があるだけだった。高校生の頃に自転車でここを訪れて、鬱蒼とした森の中にぽつんと佇む祠に異様な霊気を感じ、逃げるようにその場を去った記憶がある。

一昨年の平成29年に日秀地区の人々によって拝殿が作られて、将門公にふさわしい立派な佇まいとなった。

拝殿上部に飾られているのは平氏の家紋のひとつである揚羽蝶紋。将門公の紋とされる九曜紋ではなく、あえて揚羽蝶紋にしたのは日秀の人々のこだわりだろうか。キュウリを輪切りにすると九曜紋にも似ているが、日秀地区の人々が忌み嫌う桔梗の紋にも似ている。

 

神社の傍らは断崖になっていて、眼下には手賀沼を干拓した田園風景が広がっている。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM