熱海伊豆山温泉小旅(6)〜MOA美術館〜

11時にハーベストクラブ熱海伊豆山をチェックアウトして向かったのはMOA美術館。

 

標識に導かれるまま進む道は急坂の上に道幅も狭くてびっくり。

小田原の市街地を過ぎると海岸線は断崖が続く荒々しい姿に一変する。東海道が箱根に迂回したのも、東海道本線が開通当初は御殿場回りだったのもうなずける。100万年前、南方にあった「島」の伊豆がフィリピン海プレートに乗って本州に衝突したのはちょうどこのあたりだ。

 

標高260メートル、アクセスはよくないがMOA美術館は代わりに見晴らしを得た。

もちろんコレクションも素晴らしい。国宝3点、重要文化財66点を含む約3500点を所蔵している。MOAのMOは創立者の岡田茂吉のイニシャル。Aはassociationの頭文字だそうだ。

 

入ってすぐに度肝を抜かれるのが黄金の茶室。

秀吉の「黄金の茶室」を復元したものだ。

 

国宝 野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」

国宝 尾形光琳作「紅白梅図屏風」

毎年、梅の季節の2月にのみ公開される。

この美術館は一部を除いて撮影可(フラッシュ不可)だ。

 

「花の茶屋」で昼食。

この庭は「紅白梅図屏風」を意識しているのだろう。

「一白庵」で和菓子と抹茶。

 

依田満・百合子作の万華鏡の天井

ヘンリー・ムーア作「王と王妃」

エミール・アントワーヌ・ブールデル作「アポロンと瞑想」「走りよる詩神たち」

 

ということで、今回の小旅は終了。いい所に泊まり、美味しいものを食べ、素晴らしい芸術作品を観て、「極みの土日」だった。


コメント
熱海や伊豆山は意外と素通りしがちですよね。

新聞にも載っていましたが、熱海は復活しつつあるようですね。
MOA美術館に行ったあと、熱海の町をぶらりとしようと思ったのですが、駅周辺のパーキングはどこも満車、道も渋滞していたので諦めました。

次回は電車で行こうと思います。
  • やなぎ
  • 2019/03/03 8:17 AM
伊豆山温泉
いい宿、いい食事、いい芸術ですか。いいですなーーー。
私は「伊豆山温泉」宿泊も入浴もしてないです。
  • ガンジイ
  • 2019/03/02 9:31 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM