2019年初湯旅(4)〜浅間山〜

標高2,568メートル、浅間山である。

おそらくは全国の県民歌の中で一番歌われているであろう長野県民歌『信濃の国』の二番にも「四方(よも)に聳ゆる山々は 御嶽乗鞍駒ヶ岳 浅間はことに活火山 いずれも国の鎮めなり」とあるように、長野県民が誇りとする名山だ。北陸新幹線には長野駅を終点とするあさま号が走っている。

 

父が信州出身で準長野県民の私としては、浅間は長野県の山なのだが、群馬県民としてはどうなのだろうか。群馬県の山というと上毛三山の赤城山、榛名山、妙義山、それから草津・日光の両白根山に武尊山、谷川岳あたりを先ず思い浮かべるのだが、浅間山は長野・群馬両県にまたがる山。天明大噴火では鎌原村(現嬬恋村鎌原)を飲み込んで500人近い犠牲者を出した。


今なお噴煙たなびく浅間山。長野県側、佐久平からの雄大な姿も素晴らしいが、群馬県側、草津から嬬恋村三原に向かう県道59号線の展望台からの、「そそり立つ」という言葉がぴったりの壮大な眺めも見事。右手を差し出してせり上がる雲竜型の横綱土俵入りのようだ。

 

コンパクトカメラで写真を撮っていたら、立派な一眼レフを持った一人旅の紳士が「よかったらお撮りしましょうか」とパチリ。

夏はキャベツ畑が広がるこのあたり、例年なら一面銀世界だが、この冬は雪が少ない。

 

つづく。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • バラの鉢替え作業開始
    ガンジイ
  • バラの鉢替え作業開始
    やなぎ
  • バラの鉢替え作業開始
    ガンジイ
  • 2019秋 大人の遠足(10)〜旅のおわりは〜
    やなぎ
  • 2019秋 大人の遠足(10)〜旅のおわりは〜
    ガンジイ
  • 2019秋 大人の遠足(10)〜旅のおわりは〜
    やなぎ
  • 2019秋 大人の遠足(10)〜旅のおわりは〜
    みーしゃ
  • 2019秋 大人の遠足(6)〜中棚荘・りんご風呂〜
    やなぎ
  • 2019秋 大人の遠足(6)〜中棚荘・りんご風呂〜
    あけみん
  • おおまさり
    やなぎ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM