稀勢の里 引退

旅番組の途中ですが、残念なニュースが入ったので今日はその話題を。

 

横綱・稀勢の里が引退した。19年ぶりの日本人横綱だったが、結局在位12場所で終わってしまった。「往生際が悪い」とか「横綱の名を汚した」などという酷評も浴びたが、引退表明の記者会見は立派だった。

 

土俵人生で貫いてきた信念は?との問に「絶対に逃げない。その気持ちだけです」と答えていたが、まさにそれが稀勢の里なりの美学だったのだなと思った。

 

新鋭の貴乃花(先代)に尻餅をついて負けた大鵬、大受に敗れた北の富士、貴闘力に黒星を喫した千代の富士、いずれも体力の衰えを感じた場所の2敗目で引退を決意している。

 

横綱昇進後、稀勢の里は日馬富士戦で生命線の左腕を負傷しながらも大関・照ノ富士に本割、決定戦と勝って連続優勝した。2017年3月27日、ちょうど那須に温泉旅行に行っているときのことでよく覚えている。まさしく「絶対に逃げない」を実践し、日本中の大相撲ファンを歓喜させた瞬間だったが、今思うとあの無理が彼の土俵人生を縮めてしまったわけだ。

 

先場所、初日から4連敗、そして今場所の3連敗・・・。「絶対に逃げない」の気持ちを胸に、精一杯頑張ったのだろう。春風にはらはらと散る桜も花なら、春雨に濡れても枝にしがみつく梅もまた花。茨城出身の稀勢の里には梅が似合う。立派な散り様だった。

 

そうそう、昨日引退を決意させた相手の栃煌山も立派だった。「頼むから負けてやってくれよ」と思いながらテレビで見ていたが、厳しい攻めでもろ差しからの寄り切り。勝負が付いた瞬間に栃煌山が一瞬見せた寂しそうな顔が忘れられない。稀勢の里はいい相手に引導を渡してもらった。

 

お疲れ様、稀勢の里。


関連する記事
コメント
茨城県民の皆さんは、特に残念だったでしょうね。
いつも多くを語らない稀勢の里でしたが、
引退会見では言葉を選びながら、きちんと受け答えしていましたね。

ほんと、よく頑張りました。

「明日お出かけ」ということは今もうお出かけ中かな?
  • やなぎ
  • 2019/01/18 7:41 PM
やなぎさん、稀勢の里、残念ですが
良くがんばりました!
ラオウ、お疲れ様!!!

草津旅ブログ、楽しんでおります
ウチも明日はお出かけ予定です
  • みーしゃ
  • 2019/01/17 8:51 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM