無冠帝

最近のコンビニには食指が動く日本酒がなかなかないのだが、まことにラッキーな日である。帰りがけのファミマにいい酒が置いてあった。

 

「無冠帝・吟醸生詰」・・・仙台から新発田に嫁いだ叔母がよく送ってくれた菊水酒造の酒だ。

地位や名誉に拘らず、一方で高い志を持っている・・・「無冠帝」という酒名にはそんな思いが込められているそうだ。

 

人間、かくありたいものである。美味い! 飲み過ぎてしまいそうだ。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM