無冠帝

最近のコンビニには食指が動く日本酒がなかなかないのだが、まことにラッキーな日である。帰りがけのファミマにいい酒が置いてあった。

 

「無冠帝・吟醸生詰」・・・仙台から新発田に嫁いだ叔母がよく送ってくれた菊水酒造の酒だ。

地位や名誉に拘らず、一方で高い志を持っている・・・「無冠帝」という酒名にはそんな思いが込められているそうだ。

 

人間、かくありたいものである。美味い! 飲み過ぎてしまいそうだ。


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2018年温泉同好会冬の活動
    やなぎ
  • 2018年温泉同好会冬の活動
    せっとん
  • 晩秋の那須路(6)〜NAOZO〜
    やなぎ
  • 晩秋の那須路(6)〜NAOZO〜
    あけみん
  • 晩秋の那須路(5)〜小鹿の湯〜
    やなぎ
  • 晩秋の那須路(5)〜小鹿の湯〜
    みーしゃ
  • 晩秋の那須路(3)〜東急ハーベスト那須・夕食〜
    やなぎ
  • 晩秋の那須路(3)〜東急ハーベスト那須・夕食〜
    みーしゃ
  • 晩秋の那須路(1)〜水戸黄門ガード〜
    やなぎ
  • 晩秋の那須路(1)〜水戸黄門ガード〜
    みーしゃ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM