ラベル剥がし

当HPの愛読者の方から「ばらと温泉と日本酒ラベル」の「日本酒ラベル」の更新が全くないではないかというお叱りの言葉を時々頂戴するのですが、全くそのとおりで申し訳ありません。でも蒐集の方はしっかり続けているのです。

 

今日は資源ゴミの日だったので、暮れ正月からたまっていた空瓶のラベル剥がしを昨日一気に行ったのですが、風呂の残り湯に浸けても剥がれなかった頑固ものが数瓶。中でも和紙ラベルが一番厄介。

 

ラベル剥がしには、湯浸け作戦、ドライヤー作戦、カッター作戦、ラベルコレクター作戦の4戦法があります。和紙の場合、湯浸け作戦でものの数分でペロリと剥がれる場合が多いのですが、そうではない時が大変。のりの性質上ドライヤー作戦は無力で、ラベルコレクターを使うと和紙の質感が損なわれるばかりでなく、紙の表皮だけはぎ取られてすけすけで観賞に堪えない状態になる可能性が大なのです。

 

そういうわけで、一番骨の折れるカッター作戦を断行。

 

お湯に浸けること1時間。いよいよカッターの出番。カッターを紙とのりの間に入れて、両者の未練を断ち切るように0.5个困漬客響或覆靴泙后

 

下の写真は最初の難関、右端の部分をなんとか通過したところです。左右両端は特にのりが強いのです。

 

ラベル蒐集を始めた頃に比べて、最近はのりが強力になっています。以前、知人の結婚披露宴で某酒造会社の社長さんと臨席した折に「苦情」を言ったところ、居酒屋でも日本酒クーラーで保存する所が増え、瓶が汗をかいてラベルが剥がれ落ちないようにするため耐水性の接着剤を使うことが多くなったとのことでした。

 

そしていよいよ最後の関門、左端です。ここまでたどり着いて我慢しきれずに無理に引っ張り、それまでの苦労を水の泡にしてしまったことも何度かありました。

 

格闘すること1時間10分。作戦成功。

 

あぁ〜〜〜・・・明日からまた仕事だ。

 

 

 

 


コメント
なるほど、薄刃剃刀ですか。
ぜひ試してみようと思います。

ご覧になって下さっていると思いますが、
拙HPではラベルを図柄や種名で勝手にジャンルに分け、酒名の由来等のコメントを付けてご披露しているのですが、ラベルスクラップのスキャンに始まる作業は、若い頃は楽しくて夜中までやっていたのですが、最近はそのパワーがなく・・・定年後の楽しみにしようと思っています(笑)
  • やなぎ
  • 2018/02/14 7:49 PM
而今のラベル剥がし、お疲れ様でした。
最近は接着剤のラベルが多くなり、剥がすのも苦労しますね。
私は剥がすのに、フェザーの薄刃剃刀を使っています。(海外旅行にも持参) 酒ラベル保存のため、剥がしに精を出しましょうね。(笑)
  • 酔庵
  • 2018/02/13 10:46 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM