直虎

いつ見切りを付けようかと思いつつ、他チャンネルも面白くないのでだらだら見続けている。

 

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」。高橋一生演じる政次が頑張っていたあたりは「ドラマ」としてそれなりに面白くて、不本意ながらわくわくして見てしまったが、あの壮絶な最期のあとはまた元どおりの、歴史ドラマを逸脱したメロメロコメディードラマに戻ってしまった。

 

そもそも戦国時代あたりを描くのだから事細かな事情や生活は不明で、それを想像し、肉付けしながら歴史の本流を描くのが「大河ドラマ」の「大河」たる所以であり醍醐味だと思う。井伊という小領主を扱うとあっては想像の部分が大半を占めるのは当然のことなのだが、支流にスポットを当てすぎるあまり、本流をいい加減に扱うのはやめてほしい。

 

いや、もっともらしい批判はやめにしよう。私は大の信玄贔屓である。あの武田信玄の描写はあまりにひどい。松平健演じるあの信玄はただのバカ殿である。北条氏康の弔報が届いたときのあのバカ踊り、ふざけるな!と言いたい。あの時代を描いてきた歴代大河では、信玄はライバル氏康の死を悼み、謙信は好敵手信玄の死に落胆し、かの信長でさえ、信玄死すの知らせに安堵すれども、小躍りなどしなかった。それが武士道であり、古き良き日本の美徳であったと思う。そんな日本の伝統を伝えるのも映像芸術の大切な役割のはず。信玄をあんな描き方をするとは悪ふざけにもほどがある。山梨県人、全国の信玄贔屓を始め、日本中の歴史ファンが怒っているに違いない。

 

一昨日は三方原の戦いのはずだったが、命かながら城に逃げ帰った家康が脱糞し、爪をかむという有名な一場面だけでさらりと終わらせてしまった。今回の主人公の側に立ってみれば、武田圧勝の合戦の様子を(番組制作費をはたいて)描けとは言わないが、家康は後年信玄を尊敬し、軍政民政に武田流を取り入れてきたのは歴史上の事実である。家康だってあんな描き方をされては不本意だろう。そういうところを「忖度」しながら大河ドラマを作ってほしい。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM