人間ドック終了

今日は夫婦で人間ドックに行ってきた。検査項目の中でどれが一番辛いかというと、やなぎ妻は胃部検診だという。確かにゲップを抑えながらバリウムを飲むのは辛いし、宇宙遊泳さながら上下左右に振り回される磔の刑は、握り棒をつかむ手がぶるぶる震え、男の私でもなかなか厳しい。

 

しかしながら、やなぎ夫の最難関は腹部エコー検査。グリグリグリグリ同じ場所を執拗に押し回す。今日は初めのうちは軽〜くこする程度で、「あ〜、今回は大丈夫そうだ」と思ったのもつかの間、やはり始まった。肝臓のあたりをグリグリグリグリ・・・「痛くすぐすったい。そろそろやめてよ。脂肪肝はわかっているんだから」。やっと解放されたかと思ったら今度は胃のあたりをグリッ、グリッ、グググググリッ・・・「痛い、痛い、痛いってば。やめろこのクソババ〜」・・・もちろん心の叫びですが、ごめんなさい。検査技師の方は決してそんなにお年を召しておられません。というより年齢にかかわらず、こんな表現はいけません。でもあそこまで入念に調べて下さったということは・・・何かまずいものが見えたのでしょうか。

 

ともあれ、終わった。なにしろ一番辛かったのは昨夜は検査前日で酒が飲めなかったことだ。よ〜っし、今夜は飲むぞ。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM