優曇華の花

帰宅して鉢植えのバラに水をやっていたら「庵(いおり)」の蕾に優曇華(うどんげ)の花が咲いていた。

 

もちろん三千年に一度しか咲かないという幻の花ではなく、クサカゲロウの卵だ。

 

 

成虫はその名からのイメージどおり可憐で美しいけれど、幼虫はというと・・・トンボ、カブトムシ、テントウムシ・・・みんなそうだが、なかなかすごい姿をしている。

 

ウスバカゲロウ・・・薄馬鹿、下郎ではない・・・もクサカゲロウと似た卵だが、幼虫はかのアリジゴクだ。子供の頃よく軒下のすり鉢状の「アリ地獄」でアリジゴク釣をして遊んだものだ。最近全く見なくなってしまった。世間を騒がせているヒアリ対策として、アリジゴク防衛作戦というのはどうだろうか。

 

話がどんどん逸れてしまったが、優曇華の花は吉兆。なんかいいことないかなあ・・・


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM