古代東海道を行く(つもり)散歩(5)

 

 東海道は廣幡八幡宮の脇を通ったあと、台地を下って大津川沿いの低地帯に出る。古代東海道が設置された当時は手賀沼の入り江だったという。

 

 

藤心方面から続く田んぼ沿いの道路があるが、もう一本、それと並行して走るまっすぐな細道がある。

 

 

道と道の間の細長い部分は堤のようにも見え、もしかすると東海道設置の際に築かれた堤の痕跡かもしれないなどと想像すると妙にうきうきする。

 

 

 道は舌状台地の端をかすめて北上する(地図G地点)。舌状台地の上には中世の城郭跡、増尾城址がある。城主は不明だが土塁や空堀などがかなり良い状態で残っている。

 

 

台地の端からは増尾湧水が湧き出ている。ニッカウヰスキー東京工場が柏市増尾に移転したのもこの地帯に良質な水が湧くからだという話もある。東海道を行く伝令たちもこの湧水でのどを潤したかもしれない。

 

 

 東海道は名戸ヶ谷の低地(地図H地点)を通過して再び台地を上る。坂を上り切ったところで県道柏印西線と交差するが(柏市関場町)ここから先は見事なまでの直線道路が続く(地図I地点)。地図で見ても柏の市街地にあって異色の存在だ。

 

 

 今回の「古代東海道を行く(つもり)散歩」はここでひと区切り。この先東海道は桜台から手賀沼に下り、我孫子市根戸を経由して馬の背のような我孫子台地を東に進み(国道356号線)、於賦(おふ)駅と推定される我孫子市新木に至る。茜津駅と於賦駅間の距離は約16km。駅の設置基準ドンピシャである。於賦駅の次は榛谷(はんだ)駅(茨城県龍ヶ崎市半田町)である。

 


関連する記事
コメント
あけみんさん、こんにちは。
マニアックかつ超局所的な記事をお読みくださり、ありがとうございます。

そうなんですよ、古い地名、道端の道祖神や祠・・・うきうきわくわくします。あけみんさんもそうなんですね、嬉しいです!

今朝は5時に散歩していたら今回ご紹介した地区の方が花を持ってお墓に向かっていました。うちは昨日迎え盆をしたのですが、地域によってさまざまなのですね。迎え火の炊き方も独特でした。
  • やなぎ
  • 2016/08/14 5:43 PM
こんにちは。今回の散歩シリーズ楽しく読みました。古い地名を見るとなんだかいろいろ想像して楽しいです。藤心なんて素敵な地名です。そして石碑があったり小さい道祖神のようなものがあったりお社があるとうきうきしませんか?では 楽しい散歩を!
  • あけみん
  • 2016/08/13 2:36 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM