続・スイカ

スイカの話題をもうひとつ。

 

スイカの種を食べると盲腸になる

 

こんな脅し文句をお聞きになったことはないだろうか。スイカの種を食べると虫垂に溜まり、やがて虫垂炎を引き起こす。

 

大好きだった横綱玉の海が虫垂炎がもとで急逝し、盲腸が怖かったものだから、子供の頃は律儀に種をほじくり出して食べた。ほじくり出しながら食べると味に集中できないので、予めスイカスプーンの先っちょで、ポリープを取り出す外科医の如く、内部まで丹念に種を取ってからかぶりついたものだ。

 

盲腸になるというのは迷信だろうが、種を飲み込むのはなんとなく抵抗があるし、うっかり口の中で噛んでしまった時のがっかり感は味わいたくないので、相変わらず種はほじくり出して食べている。

 

s-2020617 (1).jpg

最近のスイカは種が少ないので助かるが、全く種がない「種なしスイカ」となると、それはそれで種が恋しくなるから贅沢なものである。


スイカ

今日は梅雨寒ですがスイカの話題。

s-2020617 (1).jpg

昔、スイカには当たり外れがよくあって、八百屋のおやじがスイカをポンポン叩いて「うまいよ〜」と言うから買って帰ると、熟しすぎていたり、すかすかだったりしてがっかりすることがあった。栽培技術の向上と出荷時の品質管理がしっかりしている現在はそんなこともずいぶんなくなった。

 

そしてスイカのお供と言えば・・・

s-2020617 (3).jpg

塩である。

 

皆さんは塩をかける派ですか?かけない派ですか?

 

私は断然かける派。塩をかけないスイカなんて、印籠出しのない水戸黄門のようなものだ。

 

でも今やかける派はマイノリティのようだ。やなぎ妻も絶対にかけない。結婚当初は塩をかける私を怪訝な目で見たものだが、今では黙っていても私専用に塩を持ってきてくれるようになった。

 

昔のスイカは今のように甘くなかったから、甘みを引き出すために塩をかけたのだろう。トマトもそうだった。ちなみにマヨラーの私はトマトにはマヨネーズをかける。以前、スイカのマヨネーズがけを一度だけ試みたことがあるが、スイカは迷惑げでマヨネーズも居心地が悪そうだった。

 

子供の頃、スイカと塩と蝉の鳴き声は夏のワンセットだった。還暦を過ぎた今でもノスタルジーを感じながらシャカシャカと塩を振りかけるのである。高血圧の薬を飲みながらシャカシャカと振りかけるのである。

 

スイカはカリウムをふんだんに含んでいて、余分な塩分を体の外に排出するのを助けてくれ、結果、血圧を下げる効果があるそうだ。ということは「0+1ー1=0」で、塩をかけて食べることになんの問題もないのである。「塩分は控えめにね」と言う医者に「はい」と笑顔で応え、今日もシャカシャカするのであった。


オカノリ

弟が家庭菜園で作ったオカノリ(陸海苔)をもらってきた。

オカノリはアオイ科の野菜で、刻むとモロヘイヤやオクラ(の実)のように粘りけがでる。乾燥させると海苔のような風味があるところからその名が付いたようだ。

 

茹でて納豆と和えて食べると美味しい。

納豆は免疫力をUPさせるということで、今ひっぱりだこの食品。モロヘイヤをはじめ粘り系野菜も免疫強化が期待でき、これでダブル効果というわけだ。よかったらお試し下さい。

 

あなたにもヘルシーあげたい。


酒粕ケーキ

やなぎ妻が久しぶりに酒粕ケーキを焼いた。

これが美味いのだ。先日、酒ケーキやサバランを話題にしたが、この酒粕ケーキが一番好きかもしれない。

 

八海山とか天鷹とか、酒粕によって微妙に味がちがってくるところが面白い。

今回使用したのは浅間酒造(群馬県長野原町)の酒粕。以前、草津に行った帰りに買ってきたものだ。

 

また湯めぐり、酒蔵めぐりができる日を待ちながら、酒粕ケーキで旅の気分に浸るとしよう。


惣花酒ケーキ

宮内庁御用酒「惣花」純米吟醸を染みこませた酒ケーキ(製造:アビニヨン(千葉県我孫子市) 販売:日本盛(株)酒造通り煉瓦館)。通販で取り寄せた。

美味い・・・日本酒好きにはたまらない大人のケーキだ(アルコール分3%)。

 

ケーキではサバランが大好きだが、最近、洋菓子店であまり見かけなくなってしまった。私が高校生の頃、母がケーキ作りにはまってよくサバランを作ってくれた。ラム酒多めで美味しかったのだが、私はさらに父のブランデーをキャップ半分ほど垂らして食べたものだ。いや、記憶違い。大学3,4年生の頃か・・・年令から考えてそうに違いない。絶対に。

 


ムーミンビスケット

昨日の記事によって発掘されたのがこれ、

ムーミンビスケット(北陸製菓)。

やなぎ妻が去年ムーミン展で買ってきた。

どうやら中身よりも地球瓶が目当てだったようだが、

ココア味のビスケットも甘くない大人味でOK牧場。

ムーミン、ムーミンパパ、ムーミンママ、スノーク、スノークのお嬢さん(テレビマンガではノンノン)、ミー、スニフ、ニョロニョロ、スティンキー、署長さん・・・

 

賞味期限ぎりぎりで発掘されてめでたしめでたし。


花神楽 パンダ焼き

妹が御徒町で買ってきたパンダ焼き。

生地がもちもちしていてなかなか美味い。甘すぎないのもいい。

 

あんこ、チョコレート、カスタードクリーム、パンプキン、え〜とあとなんだったけな・・・いろいろな種類があって食べてみないとわからない。たまに白パンダもある。

 

上野のパンダはどうしてるのかな・・・


手巻納豆

以前にもご紹介した「手巻納豆」(製造元:福あられ本舗、販売者:成城石井)。

 

先日伊豆山温泉に行った帰り、東名高速海老名SA内の成城石井でまたしても買ってきた。

酒のつまみに最高。納豆(ドライ)というところがまた健康的で良いではないか。

 

飲み過ぎては元も子もないが・・・


愛情らーめん

先日首都高湾岸線の市川PAに立ち寄ったら売店と食堂が改築工事のために閉鎖されていた。

 

ここの「愛情らーめん」、シンプルな味付けで美味しいのだけれど・・・

工事期間は結構長いようだ。早く完成してほしいなあ・・・。


富士山メロンパン

伊豆に旅行に行ってきた妻の友人から頂いた富士山型のメロンパン。

中にはマグマならぬ生クリームがたっぷり。

「マグマ大使〜! ピーヒョロピー、ピヒョロピー」と叫びながら(もちろん作り話。いい年をしてそんなことは(たぶん)しない(と思う))、美味しく頂戴した。

 

調べてみると富士山型のメロンパンは、富士山五合目で販売している「富士山めろんぱん」を筆頭にいくつかあるようだ。今度富士山方面に行ったら「富士山メロンパンめぐり」をしてみたい。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    やなぎ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    やなぎ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 将門麦酒
    やなぎ
  • 将門麦酒
    よちゃこ
  • 将門麦酒
    やなぎ
  • 将門麦酒
    よちゃこ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM