セミ

我が家の庭はセミパラダイスなのかも。あちこちにセミの抜け殻がある。まあ、虫に無視されるよりはいいだろう。

 

ジージージージー ジワジワジワジワ・・・聞こえてくるのはアブラゼミの鳴き声がほとんど。昨日は珍しくミーンミンミンミンミンーという鳴き声を聞いたが、近年ミンミンゼミはめっきり少なくなった気がする。

 

さらに聞かなくなったのがツクツクボウシとカナカナゼミ。オーシンツクツク オーシンツクツク・・・・トッポジージョー トッポジージョー ジージョージージョージージョー アッ(最後はなにかに驚いたかのように鳴き止む)・・・鳴き声が変化するツクツクボウシはまさに夏本番を感じたし、夕暮れ時にカナカナカナカナっと聞こえてくるとなんだか寂しい気持ちになったものだ。もしかすると気温のせいかもしれない。そういえばカナカナ・・・と聞こえてくると夏でも涼しい風が吹いてきた記憶がある。

 

ツクツクボウシ、カナカナゼミ、それからニイニイゼミなんてのもいたなあ・・・ぜひ我が家の庭にお出でください。お待ちしています。


美輪明宏さん

人間ドックも(結果はどうあれ)なんとか切りぬけ、今朝は5時起きしてバラの消毒作業を行った。

人間ドックの疲れのせいか、もっと寝ていたかったが、がんばった。

 

消毒を終えてシャワーを浴び、テレビをつけると美輪明宏さんのインタビュー番組をやっていた。誰に対しても「人間として向き合う。」

 

 

昨日、クリニックで会計待ちをしていたら、60くらいの女性が入ってきてた。

 

「すみません。お持ち頂けましたか。おかけになってお待ち下さい」と笑顔で対応する受付の女性に対して、

 

「なに言ってんの。待ちたくなんかないわよ。」

 

「すみません。今すぐ確認してお返ししますので。」

 

「そんなの要らないわよ。」

 

若い受付の女性は困っていた。

 

様子からして、必要書類を忘れて取りに帰ったと思われる。暑い中、いら立つのはわかるが、受付の人だって仕事でやっているのだ。ましてや自分が悪いわけだし、人として接するべきところだろう。

 

美和さんは御年83、お元気だし、人間としてますます魅力を増している。ああいうふうに年を取りたいものである。

 

早起きは三文の徳。いい番組を見た。

 

そうそう、人間ドック最難関の腹部エコー検査。昨日はグリグリむず痛くなかった。上手な人がやるとこうなんだ・・・。感動のあまり、検査士の女性を褒めてしまった。おやじくさくなったなあとつくづく思う。美和さんのようにもっと上品にならなければ・・・。


台風接近

また台風である。

雨戸を閉め、吹き飛ばされそうな物を片付け、これ以上はじたばたしても仕方ない。日曜日に撮ったキュウリの写真でもご覧頂こう。

 

記録的な猛暑で、キュウリもバテバテ。例年より早く実付きが悪くなってきた。

それでもまだ花は咲いている。

ベイビーキューリもある。

そして2本収穫。

 

雑草の如く生えているシソでやなぎ妻が作ったシソ味噌をつけて食べるのが一番美味いキュウリの食べ方だ。酒がすすむ。

 

明後日は人間ドック。エコー検査の肝臓部分ぐりぐり攻撃に比べれば台風何するものぞ。明日は晩酌ができないので今夜は飲み溜めしなくては。


ささやかな感動

ふだんは車通勤なのだが、今日は出張で久しぶりに通勤ラッシュの電車に乗った。

 

所持品の都合でデイパックを背負って電車に乗ったのだが・・・

 

乗ってびっくり! デイパックを持っている10人が10人、背中に背負うのではなく腹に背負っているのだ(正確には腹だから「背負う」のではないが、言葉を知らない)。

 

背中に背負うと周囲に迷惑なのは前々から感じていた。本人は気づかないが90度体を移動するだけで周りは大迷惑だ。加えてスリの心配もある。

 

いつの間にか、電車の乗り方はこんなに進化していたのか・・・満員電車は嫌だが久々に新鮮な感動を覚えた。

 

が、2つ先の駅で乗車した若い女性が、進行方向後部のドア側という好位置をキープした私の30cm前で化粧を始めた。

 

化粧は乗車maxとなる4駅先まで続いた。そんなに化粧しても○×△・・・・ピーッ。

 

朝から、えxはうsてd(・・・なるほどキーをひとつ押し損ねるだけでこうなるのか。もとい、)exhausted...消耗した一日だった。

 

今、ビールがうますぎる。


歌丸さん

落語家の桂歌丸さんが亡くなった。

 

存在だけで華がある・・・落語界はもちろん、芸能界の手本になる人だった。

 

健康上の理由から「笑点」大喜利の司会を降りた後も、常に「後ろには歌丸師匠が控えている」と誰もが感じる存在感と安心感があった。

 

歌丸さんが昇天してしまい、笑点はどう踏ん張るか。「遠慮無くオレの死んだネタを使え」と言っているに違いない。

 

ご冥福をお祈りします。


熱帯夜

最近どうもPCの調子が悪い。メールもなかなか受信ダウンロードしない。

 

先ほどはせっかく完成に近づいたブログ記事が、途中でフリーズしてしまい、結局お釈迦になってしまった。

 

今、天気予報で今夜は25℃の熱帯夜だという。

 

結構酔っ払ってまぶたが重い・・・早くねったいや。

 


6月6日・雨

今日は6月6日。そして雨である。そろそろ梅雨入りのようだ。

 

6月6日で雨・・・というと思い浮かぶのが「かわいいコックさん」の絵描き歌だ。

 

♪棒が一本あったとさ 葉っぱかな 

 葉っぱじゃないよ カエルだよ

 カエルじゃないよ アヒルだよ

 6月6日に雨ざあざあ降ってきて

 三角定規にひび入って

 あんパンふたつ 豆みっつ

 コッペパンふたつ くださいな

 あっという間に かわいいコックさん♪

 

子供の頃、広告の裏(今や裏が白紙の広告は皆無だが)に歌いながら描いたものだが、いや〜、恐ろしいほど覚えているものだ。あの頃の記憶力よ、シェーン、カム・バッ〜ク!

 

今、口ずさんで新聞かなんかの余白にコックさんを描いている方がおられたら、お仲間ですね(笑)

 

「かわいいコックさん」、今の子供は知っているのかなあ。


早すぎです、秀樹さん!

今日は通勤帰宅の行き帰り、車の中は「西城秀樹スーパーベスト」だった。

声門全開で声帯を振るわせながら(あくまでもイメージ)ハスキーボイスの絶唱、それでいてまだまだ余裕を感じる声量、ブレない音程、そして音域の広さ。車にたとえれば、馬力があり、なおかつトルクフルなスポーツカー・・・圧倒的な歌唱力だった。

 

私の中の秀樹ベスト3は、「傷だらけのローラ」「ブルースカイ ブルー」「若き獅子たち」。彼の歌があまりにも気持ちよいので、酔いに任せてカラオケでうかつにも歌ってしまうと、ものすごく後悔するはめになる。

 

脳梗塞で倒れてからの秀樹さんは、NHKの番組「野菜の時間」などにも出演して人柄の良さも全開だった。私にとってはちょっと年上のお兄さん。早過ぎです。ちびまるこちゃんのお姉さんもさぞや悲しんでいることだろう。

 

ご冥福をお祈りします。


軽井沢のセンセ 逝く

浅見光彦シリーズの中では「軽井沢のセンセ」として登場する、推理作家の内田康夫さんが先週亡くなった。好きな作家は?と聞かれたら躊躇なく氏の名を挙げる、大の内田康夫ファンなだけに残念だ。

 

歴史、伝説、社会問題を複雑に絡ませながら展開する氏の小説は単なるサスペンスとかミステリーとかというジャンルでは括れない深さがある。読んでいると、時折どこまでが事実(史実)でどこまでがフィクションなのか、境界線がわからなくなることがある。様々な分野に造詣が深かった内田康夫さんならではのことだと思う。

 

私が最初に読んだのは処女作の『死者の木霊』ではなく、第七作目の『戸隠伝説殺人事件』だった。内田さんと私の共通点(などといったらおこがましいが)は長野市出身の父親を持つこと。本屋でアイ・ブラリー(「eye」+「library」+「ぶらつく」の自作造語(たぶん))していて目に入ったのが「戸隠」で、あまりの面白さに一気に読み切ったのを覚えている。次に読んだのが『死者の木霊』で、本を手にして同じく信州が舞台だと知った。

 

私にとって歴史、伝説とともに内田作品の大きな魅力が綿密な取材に裏付けされた地理描写。行ったことがある場所ならば文字による描写が瞬時に映像となって頭に再現される。小説の中では「○○ホテル」でも、「ははあ・・・これはあの□□ホテルがモデルだな」と推察できることがある。地図好き、旅行好きにはそれがまたたまらないのである。

 

小説の中の戸隠村はその後長野市に吸収合併された。新幹線が開通し、高速道路が延長した所もあるが、今度は記憶の中の古地図を読む楽しさがある。内田作品は決して色あせることはないのだ。何度でも読み返したくなる作品ばかりである。

 

 

安倍政権の改憲路線を批判していた内田康夫さん。加計問題、森友学園に関する公文書改ざん、そして自民党議員絡みの文科省による教育現場への過剰介入・・・安倍政権で起きている由々しき事態・・・軽井沢のセンセなら「○○殺人事件」or「岸○○の亡霊」でどう料理するか・・・読んでみたかった。


いい旅夢気分SP 2018/3/17

今日は旧姓「花金」!

定時でとっとと帰宅して、先週の土曜日に飲み会で見られなかった「いい旅夢気分SP」を見ながら(ちゃんと録画してあった)一杯二杯三杯やっている。

 

やはり太川さん&蛭子さんのコンビは楽しい。そしてバスの後部座席がよく似合う。

そして「マドンナ」も登場して、まさしく「バス旅」だ。

 

人が温泉に入って

酒飲んで

美味いものを食べる

それを見ながら一杯やる・・・この幸せよ・・・TGIF!!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM