直虎

いつ見切りを付けようかと思いつつ、他チャンネルも面白くないのでだらだら見続けている。

 

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」。高橋一生演じる政次が頑張っていたあたりは「ドラマ」としてそれなりに面白くて、不本意ながらわくわくして見てしまったが、あの壮絶な最期のあとはまた元どおりの、歴史ドラマを逸脱したメロメロコメディードラマに戻ってしまった。

 

そもそも戦国時代あたりを描くのだから事細かな事情や生活は不明で、それを想像し、肉付けしながら歴史の本流を描くのが「大河ドラマ」の「大河」たる所以であり醍醐味だと思う。井伊という小領主を扱うとあっては想像の部分が大半を占めるのは当然のことなのだが、支流にスポットを当てすぎるあまり、本流をいい加減に扱うのはやめてほしい。

 

いや、もっともらしい批判はやめにしよう。私は大の信玄贔屓である。あの武田信玄の描写はあまりにひどい。松平健演じるあの信玄はただのバカ殿である。北条氏康の弔報が届いたときのあのバカ踊り、ふざけるな!と言いたい。あの時代を描いてきた歴代大河では、信玄はライバル氏康の死を悼み、謙信は好敵手信玄の死に落胆し、かの信長でさえ、信玄死すの知らせに安堵すれども、小躍りなどしなかった。それが武士道であり、古き良き日本の美徳であったと思う。そんな日本の伝統を伝えるのも映像芸術の大切な役割のはず。信玄をあんな描き方をするとは悪ふざけにもほどがある。山梨県人、全国の信玄贔屓を始め、日本中の歴史ファンが怒っているに違いない。

 

一昨日は三方原の戦いのはずだったが、命かながら城に逃げ帰った家康が脱糞し、爪をかむという有名な一場面だけでさらりと終わらせてしまった。今回の主人公の側に立ってみれば、武田圧勝の合戦の様子を(番組制作費をはたいて)描けとは言わないが、家康は後年信玄を尊敬し、軍政民政に武田流を取り入れてきたのは歴史上の事実である。家康だってあんな描き方をされては不本意だろう。そういうところを「忖度」しながら大河ドラマを作ってほしい。

 


人間ドック終了

今日は夫婦で人間ドックに行ってきた。検査項目の中でどれが一番辛いかというと、やなぎ妻は胃部検診だという。確かにゲップを抑えながらバリウムを飲むのは辛いし、宇宙遊泳さながら上下左右に振り回される磔の刑は、握り棒をつかむ手がぶるぶる震え、男の私でもなかなか厳しい。

 

しかしながら、やなぎ夫の最難関は腹部エコー検査。グリグリグリグリ同じ場所を執拗に押し回す。今日は初めのうちは軽〜くこする程度で、「あ〜、今回は大丈夫そうだ」と思ったのもつかの間、やはり始まった。肝臓のあたりをグリグリグリグリ・・・「痛くすぐすったい。そろそろやめてよ。脂肪肝はわかっているんだから」。やっと解放されたかと思ったら今度は胃のあたりをグリッ、グリッ、グググググリッ・・・「痛い、痛い、痛いってば。やめろこのクソババ〜」・・・もちろん心の叫びですが、ごめんなさい。検査技師の方は決してそんなにお年を召しておられません。というより年齢にかかわらず、こんな表現はいけません。でもあそこまで入念に調べて下さったということは・・・何かまずいものが見えたのでしょうか。

 

ともあれ、終わった。なにしろ一番辛かったのは昨夜は検査前日で酒が飲めなかったことだ。よ〜っし、今夜は飲むぞ。

 


雨宿り

今朝は久しぶりに雨が降った。それも生半可な降り方ではなく、叩きつけるような土砂降りだった。

 

傘を差して新聞を取りに出たら、軒下で蝉が途方に暮れていた。こんな雨の中、鳥だってじっとしているだろうから、止むまで雨宿りしているといい。

 

 

テレビをつけたらうちのあたりに大雨警報が出ていた。ここ数年、日本中、ひと度雨となると必ず大雨。まさに "It never rains but it pours." ・・・降れば土砂降りである。

 

幸いにも大事に至らずに雨は小降りとなり、出かけ際に見てみたら蝉はひと足先に出勤したようだった。


昨日の「be on Sunday」

昨日の朝日新聞日曜版「be」は面白かった。

 

ひとつは「時代劇は好きですか?」。

今秋、BSTBSで6年ぶりに『水戸黄門』が復活するのを受けての記事だ。

 

アンケートによれば「はい」・・・61% 「いいえ」・・・39%

 

いいじゃないですか! がんばれ時代劇!!

 

もうひとつは「昭和のプロレス どこへ」。

古き良きプロレスを懐かしむ記事で、特にアブドーラ・ザ・ブッチャーを大きく取り上げているのには感動した。

 

頭突き、地獄突き、そしてタイツの下から凶器を取り出して反則攻撃。最後はジャイアント馬場の空手チョップを浴びて額から血が滴り落ち、目を見開いたまま直立姿勢でリングに倒れる。後にも先にもアブドーラ・ザ・ブッチャーほどの悪役外人レスラーはいない。高校時代、休み時間に同じくプロレスファン、馬場ファン、ブッチャーファンの友人と話が盛り上がって周囲の女子から冷たい視線を浴びせかけられたのを思い出す。

 

時代劇とプロレスの共通点は勧善懲悪。結末がわかりきってつまらないというのがアンチ時代劇派の意見だが、結末がはっきりしているからいいのである。脳みそに余計な負荷をかけず、最後は気分爽快のうちにお開き。

 

 

懐かしさのあまり、YouTubeでジャイアント馬場30周年記念タッグマッチ「馬場 / ブッチャー vs スタン・ハンセン /  アンドレ・ザ・ジャイアント」を見た。最後はブレることなく凶器攻撃を始めたブッチャーを、味方である馬場が16文キックで仕留めてしまうどんでん返しに興奮していたら妻にひんしゅくを浴びた。

 


ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z スタート 

新メンバーによる『路線バスの旅』(テレ東)が昨日スタートした。

 

 

つまらなかった。田中要次さんはまだしも、芥川賞作家の羽田君は何でいるの? 何を語るわけでもなし・・・あれでは私が代わっても同じと言ったらさすがに言いすぎか・・・。一般人のバス旅行を2時間眺めている程ひまではない。あの番組は太川さんと蛭子さんあってこそだったのだと改めて感じだ。もう『バス旅』は卒業しよう。

 

 


株を上げた人、下げた人

大相撲春場所14日目、昨日の日馬富士戦で左肩を痛めた横綱稀勢の里。誰もが休場かと思ったが土俵に上がり、大相撲ファンを喜ばせた。

 

 

横綱同士の結びの一番はやはり力が出ず、軍配は鶴竜に上がったが、(この先のことを考えると)良い悪いは別として横綱の意地とプロ意識・・・稀勢の里は大いに株を上げた。そして手加減せず正々堂々と勝負したうえで、土俵を割った稀勢の里が土俵下に落ちないように回しを持って支えた鶴竜の気遣いも素晴らしかった。彼もまた株を上げた。

 

それに比べて、大関照ノ富士にはがっかりした。大関復帰を目指す関脇琴奨菊を相手に立ち合いの変化。琴奨菊はばたりと土俵に両手をついてしまった。数年前、大関初挑戦の照ノ富士が同じ琴奨菊を相手に変化して勝った一番があり、格下の若い者がやることではないと批判されていた記憶があるが、格は上になったとはいえ、相手の大関復帰と今場所の優勝を大きく左右する大一番でまた同じことをやった。

 

一昨年の春場所で横綱白鵬が優勝を左右する大関稀勢の里戦で変化して勝利。さらに昨年の春場所でも優勝のかかった日馬富士戦で変化、36度目の優勝を飾ったものの場内から罵声を浴びせられた。あれでかなりの人が白鵬を応援するのを止めたようだが、私もその一人。

 

ものごと全てに言えることだが、勝てばいいというものではない!と思う。照ノ富士は土俵上では鬼の形相でも普段は愛嬌のある青年で好感を持っていたのだが・・・株暴落・・・残念。


今日はホワイトデー

今日はホワイトデーだが、それとは関係なく、この日月、職場の仲間たちと草津に行ってきた。正確に言えば「草津を案内してきた」というべきか。皆さんに喜んでもらえてなによりだった。

 

家への土産は上野駅で買った駅弁。

 

 

二日間飲みっぱなしだったのに、これを肴にまた飲んでしまった・・・おかげで今日は使い物にならなかった。

 

それはそれとして、「水戸黄門」が復活する!!!

地上波での放送ならベストだったが、まあよしとしよう。でも夜7時からではなあ・・・定時退勤の速攻帰りの速攻風呂で速攻晩酌準備でテレビ桟敷に座るしかない。

 

武田鉄矢黄門さま、期待してまっせ!


プレミアムフライデー

プレミアムフライデーがスタートしましたが、皆さんの職場ではいかがでしょうか。

 

うちの職場では話題にも上らなかったが、突発的な午後の出張でそのまま直帰。先方様とは午後3時のアポだったので「午後3時退勤」の「プレミアム」にはほど遠かったが、結果的に定時退社での帰宅時間となり、十分"premium"だ。

 

 

水曜日は「ノー残業デー」とかいうのがあった記憶もあるが私の記憶違いかもしれない。「プレミアムフライデー」が夢幻でありませんように。

 

 


節分

今日は節分。我が家ではMUST行事の豆まきを終え、福豆をつまみに一杯始めたところだ。BSプレミアム『美の壺』、今夜のテーマは「鬼」だ。

 

 

それにしても隣近所では豆まきをしている気配がない。高齢化が進んだ住宅地だが、左隣と向かいの家には小さな子供もいるのだが・・・。それとも我々夫婦のように小さな声で「鬼は外、福は内」と恥ずかし気にやっているのだろうか。方々から大きな声が響いていた遠い昔が懐かしい。


いい旅夢気分SPみながらいい晩酌夢気分

先週土曜日にテレビ東京「土曜スペシャル」で「いい旅夢気分スペシャル」が放送された。1986年に始まった旅番組「いい旅夢気分」は「にっぽん!いい旅」に名前を変えて間もなく29年で番組終了となってしまった。TBSの「水戸黄門」終了に続く一大ショック・・・鬱病になりかけた。

 

もしかしたら年数回のスペシャル番組で存続かと思っていたがその様子もなく、完全に諦めていたところで今回の番組。うれしいのなんのって!

 

放送当日は所用で見られなかったが、しっかり録画しておいた。これから一杯やりながらじ〜っくり楽しむのである。

 

 

計4組の旅人たちが「いい旅夢気分」するのだが、そのうちの一組が惜しまれつつもこの正月放送をもって番組卒業となった「バス旅」の太川陽介さん&蛭子能収さんコンビによる箱根〜伊豆の旅だ。

 

人が観光して、温泉浸かって、美味いもの食べて、酒飲んでいるのを見ながら晩酌するのがたまらなくいいのである!

 

こんな幸せな月曜日もそうはない。いや〜、たまらんち会長。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2017年夏の小旅行(7)〜応徳温泉・くつろぎの湯〜
    やなぎ
  • 2017年夏の小旅行(7)〜応徳温泉・くつろぎの湯〜
    みーしゃ
  • 2017年夏の小旅行(4)〜美ヶ原温泉すぎもと(食事編)〜
    やなぎ
  • 2017年夏の小旅行(4)〜美ヶ原温泉すぎもと(食事編)〜
    あけみん
  • 2017年夏の小旅行(2)〜美ヶ原温泉すぎもと(部屋編)〜
    やなぎ
  • 2017年夏の小旅行(2)〜美ヶ原温泉すぎもと(部屋編)〜
    みーしゃ
  • 夏野菜の冷製カレーうどん
    やなぎ
  • 夏野菜の冷製カレーうどん
    みーしゃ
  • 伝統の朝顔
    やなぎ
  • 伝統の朝顔
    幹事長

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM