将門麦酒

道の駅しょうなん(千葉県柏市)で面白いビールを見つけた。

 

s-20200628 (4).jpg

将門麦酒(柏麦酒・千葉県柏市)。なんと我孫子市日秀の将門神社公認だそうだ。

s-20200628 (5).jpg

「関東の英雄、平将門をイメージ。風味は力強くも後味のキレが良い、飲み応えのあるビール」という言葉どおり、アルコール度数7.5%のストロングブラックエールだ。

 

将門ファンにはたまらない。また買ってこよう。

 

よかったらこちらもご覧下さい→ 日秀将門神社


ローカル路線バスの旅 & 酔心

昨日は水バラだった。

 

水バラ・・・水耕栽培のバラでもなければスイカの食べ過ぎでもない。

 

テレ東の「水曜バラエティー」だ。バス旅の元祖「ローカル路線バスの旅」の再放送だったが、やはり太川・蛭子コンビのバス旅は再放送でも面白い。なにしろDVDも出ているくらいだから。

s-202063 (4).jpg

s-202063 (3).jpg

山口県山口市から高知県室戸岬までのバス旅の途中、広島県三原市を通った。

s-202063 (5).jpg

上手い具合に「酔心」(酔心山根本店・広島県三原市)を飲んでいる。

s-202063 (1).jpg

横山大観も愛したという「軟水の辛口」。柔らかい口触りとさっぱりしたのど越し・・・ぐいぐいいってしまう酒だ。

s-202063 (2).jpg

太川さんのいい飲みっぷりを見ながら、酔心をぐいっ。言ってみればこれも一種のリモート飲み会だ。

 

毎週、バス旅の再放送でいいんじゃないかな。いい酒バラだった。


ファシリティドッグ応援酒

「ファシリティドッグ」というのをご存じだろうか。特定の病院で医療スタッフの一員として常勤勤務する犬のことで、ふれあい活動、採決・点滴などの処置の付き添い、手術室の同行・リハビリの応援など、看護師であるハンドラーと共に治療に携わり、小児がんや重い病気と闘っている子供たちと家族を支援している。

 

神奈川県海老名市の泉橋酒造が「うちの子ラベル」という企画でファシリティドッグ維持のために支援していることを新聞で知り、やなぎ妻の実家の愛犬でオリジナルラベルを作ってもらった。

 

ノア。迷い犬で処分寸前だったところを義母が愛護センターから引き取ってきた。

コンロのつけっぱなしを知らせてくれたり、優しくて賢い犬だったが、1年半前に天国に行った。

 

チョコ。ノアのあとを受けて義母を元気にしてくれている。たまにしか行かない私でも手放しで歓待してくれる。

この写真は、夕飯を食べに行った我々が帰ろうとするのを見て、しょんぼりしているところ。毎回こうなのだ。可愛いやつだ。

 

純米吟醸酒720ml(税別2600円)の1本あたり700円がファシリティドッグ支援の寄付金になる。

詳しくはこちらをご覧下さい→ 泉橋酒造オンラインショップ


スーパードライ 春限定スペシャルパッケージ

今日は風こそ強かったものの気温が上がった。

 

サッポロ党ではあるが、なんだかアサヒスーパードライが飲みたくなった。

缶のデザインがまたいいではないか。花見気分で一杯やろう。


東光

今宵は東光純米吟醸原酒((株)小嶋総本店・山形県米沢市)。

久しぶりの「東光」なので投稿した。

程良い酸味とコク、そして原酒ならではのまったり感。やなぎ妻も「おかわり」「おかわり」と言うのであっという間になくなりそうだ。


個性派3本

将門公シリーズが続いたので、ここでちょっと一休み。

 

やなぎ妻がバレンタインデーに買ってきてくれた日本酒3本。

 

センター: FIRANDO  夢名酒(むめいしゅ) (長崎県平戸市・森酒造場)

潜伏キリシタンの生活を支えてきた春日集落の棚田米100%使用。「全く新しい味の日本酒」というとおり、知らずに飲んだら間違いなく「美味しい貴腐ワインだ!」とうなったことだろう。

 

左: 亀泉・純米吟醸原酒 (高知県土佐市・亀泉酒造)

濃厚にして微発泡、これ大好き。

 

右: 八海山・発泡にごり酒 (新潟県南魚沼市・八海酒造)

これは前にも飲んだことがある。今じわじわと人気が出ているスパークリング日本酒。ヤバいほどぐびぐびいってしまう。


寒いっ!

ぅ〜〜、寒いデービスJr.

 

冷たい雨が景気悪そうにチロチロと降っているから、なお寒く感じる。

 

雨は夜更け過ぎに雪へと・・・天気予報では変わらないらしい。

 

こんな夜はホタテのひもを噛みながら燗酒をちびちびやるにかぎる。

義母が正月用に用意してくれていた日本盛の大吟醸を、飲みきれずにもらって帰ってきた一升瓶があった。自分ではあまり買わない酒だが、お燗してみるとこれがイケる。冬の晩酌の楽しみがまた増えた。


居酒屋やなぎ

三が日終わり、ふつうの土日になってしまいました。

 

このあたりで正月の復習を。

 

まずは正月に飲んだ酒たちです。

ボーリングのピンではありません。

 

我が一門は大晦日と元日は弟夫婦・妹夫婦がやなぎ夫の実家へ、我々夫婦はやなぎ妻の実家へ行くことにしており、私が実家に行ったのは二日の晩。したがってこれらの酒は弟と妹の旦那が飲み残した(いくらなんでも一晩でこれを全部飲み干せるわけありませんが)酒たち・・・というか私のために残しておいてくれた酒たちです。

 

各々が持ってきた(私も暮れに置いておきました)酒と親戚が送ってくれた酒。いずれ劣らぬ銘酒の数々、どれもこれも美味しい! 少しずつ、代わる代わる飲むと全く飽きが来ない・・・何巡したでしょうか。 この三月で数えで90になる母も「美味しい」と言いながら飲んでいました。

 


銀座ライオン ビヤホール 達人の生

正式名称はわからないが、サッポロ党でもあり、何だか旨そうなので買ってきた。

銀座ライオンもずいぶん行っていない。というよりビアホール自体とんとご無沙汰している。最後に行ったのは札幌だったかな。あの頃はまだ若く、大ジョッキを7,8杯飲んだ記憶がある。ビアホールで飲むビールは特に旨いのだ。

 

350ml缶を6本買ってきたが、さすがに今宵、6本全部飲んでしまうようなことはしない。うちはビアホールではないし、第一そんな自爆テロのようなことをして、責められこそすれ、誰も褒めてくれない。


今夜は燗で

今日は11月22日、世間では「いい夫婦」の日とか言っている。お向かい家の車のナンバーは「1122」。素晴らしい。

 

私はというと、今日はあまりに寒いので燗酒を2〜2〜いいながら飲んでいる。これはこれで、いいふ〜ふ〜だ。

純米・総乃九十九里(寒菊銘醸・千葉県山武市)。

 

純米酒はお燗すると苦みが出るものもあって冒険なのだが、この酒は雑味が全くなく、甘さが際立って実に美味い。私の中では燗して美味い酒の上位にランクイン。また買ってこよう。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    やなぎ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    やなぎ
  • 豆腐と卵とサーモン和えのなめこあんかけ
    よちゃこ
  • 将門麦酒
    やなぎ
  • 将門麦酒
    よちゃこ
  • 将門麦酒
    やなぎ
  • 将門麦酒
    よちゃこ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM