さわやかに!

今年の梅雨は本気のようで、先週末の梅雨入り以来すっきりしない空模様です。

 

でも一昨年にアジサイにはまってからは、梅雨の季節がそれなりに楽しくなりました。

 

庭で愛でるもよし、部屋で楽しむもまたよし。

 

ガラスの花瓶ですっきりと。

 

三役揃い踏み。


ビワ

昨日は実家でビワの収穫作業をした。

 

子供の頃、庭に捨てたビワの種が芽を出して、引っ越しの際の植え替えにも負けずに成長。

今や屋根に上らないと収穫できない巨木になった。

GW中に摘果作業を行ったのだが、もっと間引いておけばよかった。

 

とても取り切れず、ほどほどに切り上げた。

市販のビワに比べると酸味が強いのだが、暑い日に食べるとさっぱりして美味しい。

 

やなぎ妻は一昨年、急にビワアレルギーになってしまって食べられないのが残念だ。

先日、小学校でビワアレルギーの事故があったが、ビワに限らず食物アレルギーというのはある日突然発症するようだ。

皆さんもご注意ください。


探検

お盆休み、山の緑があまりにもきれいなのでちょっと探検してきました。

珍しい蝶が舞っています。

あれ、左上方の茂みの中にパンダらしき動物が見えます。

こんなことやってていいのかなあ・・・

それにしても苔はきれいだ。

 


コケ(2)

コケテラリウムを作っていて、遠い記憶が蘇ってきた。

 

転勤族だった我が家は二年おきくらいに引っ越しをしていた。私は幼稚園を2園、小学校を4校、高校も2校経験した。友達が出来ては転校、また慣れてきては転校で子供なりに大変だったが、その土地土地の気候、文化、人柄、食べ物、観光名所に触れられて、それなりに楽しくもあった。

 

けれども小学校6年生2学期での転校は結構きつかった。修学旅行も終わっていてクラスの友達関係も完全に固定していた。東京の学校なので中学受験をする子も多く、なんとなくギスギスしている。おまけに福島県いわき市から転校してきたので知らないうちに独特のイントネーションが身についていて、国語の時間、当てられて音読する度にクスクス笑われる。よくぞ不登校にならなかったものだと、あのときの自分を褒めてあげたい。

 

そんな時、借り上げ社宅の狭い庭の片隅で、飼っていた犬のシロを撫でながら、たまたま目に入ったのがコケだった。父が作った松の盆栽をまね、空き瓶のふたにコケを2種類盛り付けて悦に入っていた・・・ような記憶がある。ペルシャ絨毯のような滑らかなコケと、もうひとつはゼニゴケだったと思う。

 

かなりくら〜い過去なので今の今まで誰にも話したことがなかった・・・というより完全に忘れていたが、今、ここでカミングアウトだ。ちなみに直に友達が出来てコケ盆栽は忘れ去られてしまったのだが。

 

というわけで、「私はコケボーイだった」と声高らかに宣言しよう。

 

コケはすごい。一見枯れたかに見えても、霧吹きで水を与えると・・・

 

Before

After

 

Before

After

 

Before

After

 

私の場合は、霧吹きの代わりに湯上がりのビールと日本酒だ。

はい、

Before

・・・

After

・・・


コケ

昨今はコケがじわじわとブームで、「コケガール」とかいうお嬢様方もおられるとか。

 

コケブームがいつから巻き起こったのかは知らないが、我々夫婦でコケが話題になったのはかなり前だ。

 

軽井沢からの帰り道、雨上がりの碓氷峠(国道18号線の旧道)を走っていて、やなぎ妻が道路脇のコケに感嘆の声を上げたのがはじめだったと思う。雨に濡れたコケが輝いていた。バラとコケのコラボなど、夢物語をしながら峠を下った記憶がある。

 

下の写真のコケ、先方の迷惑になるといけないので詳しいことは明かせないが、やなぎ妻が銅葺き屋根に生えているコケに目ざとく気づき、許可を得て頂いてきたものである。

コロニーを形成しているようで、数種類のコケが共生しているように見える。

これはスナゴケ。

銅葺き屋根に生えていたところからして、もしかすると銅ゴケの一種、ホンモンジゴケもあるだろうか。

 

なんという美しさ・・・もはや小宇宙だ。

打ち出の小槌で小さくなって、この中に入ったらどんなだろう。

 

オランウータンよろしく森の主となってのんびり暮らすか。はたまた樹海に迷い込み、屍となるか。

コケはあくまで奥深い。


コケテラリウム

コケテラリウムを作ります。

 

準備する物: コケ(今回は3種類)、土(ハイドロカルチャー用の土+籾殻くん炭少量)、小石、高級ヨーグルトとか高級プリンが入っていた空き瓶(別に「高級」でなくても可)、ピンセット、割り箸、ハサミ、霧吹き

コケの裏側の土などを払い落とし、水洗いします。カビや腐敗防止です。

空き瓶に土を入れ、霧吹きで湿らせます。

庭師になったつもりで、ハサミでコケを適当な大きさに切ってピンセットで瓶の中に入れます。ピンセットから離すとき、割り箸で押さえると楽です。

植え終わったら霧吹きをして完成です。

小石を用意しましたが、3種類のコケだけで世界ができあがったので、結局使いませんでした。

 

ルーペで見るとシダのような形をしているのが「シノブゴケ」で、うちの庭に生えていました。あと2つは、某所からお許しを得て頂戴してきた、おろらく「ホンモンジゴケ」。それに実家の裏庭に生えていた「スギゴケ」。

コケテラリウムのこけら落とし。美しい・・・そして癒やされます。

 

職場に持って行ってデスクの片隅に置こうと思います・・・コケにされようが、コケジイと言われようが、これで頑張る所存です。


挿し木の鉢上げ

今日はアジサイの挿し木を鉢上げした。

 

せっかく生えた根を損なわないように、下の方から割り箸ですくい上げるようにして掘り上げる。

思った以上に根が張っている。このままではいわば水耕栽培なので、立派な株に育て上げるには培養土に移し替える必要があるのだ。

土を入れた鉢(大きさに合わせて2号鉢か4号鉢)に移植する。

水をたっぶりあげて完成。

 

一番楽しみにしている「隅田の花火」もしっかり根が張っている。

うまくいけば来年には花が見られるかもしれない。

 

何だかんだ言ってなかなかの成功率で、40鉢近くになった。

置き場をどうするか・・・うれしい悩みだ。


挿し木のその後

6月中下旬に挿し木をしたアジサイ。一ヶ月半が過ぎて成功失敗がはっきりしてきた。

 

これは残骸。

 

これもたぶん失敗。

 

これは成功。新芽がすくすくと伸びている。

 

これは一番成功してほしい「隅田の花火」。

葉は青々としているので今のところ枯れてはいないが、早く新芽が伸び出してほしい。昨夜の隅田川の花火のように美しい花を見たいものだ。

 

 


あじさい(6)

暑い・・・

 

三週間前に挿したアジサイの挿し木、付きかけたかに見えたが、この暑さに「たまらんち会長〜〜」とひとつ、またひとつ、へなへな〜〜〜と脱落していく。

 

明日はまた庭の草むしりをしなければならない。へなへな〜〜〜っとならないよう気をつけなければ。


あじさい(5)

「あじさいの森」の本業はたぶん蕎麦屋。

もちろん蕎麦も美味かったです。

 

蕎麦を食べた後は再びアジサイ観賞。

 

アジサイをこんなに味わったのは生まれて初めて。

 

いや〜、堪能しました。

 

【そば道場 あじさいの森】

 茨城県北茨城市華川町小豆畑1138  Tel. 0293(42)3306

 公式HP: http://www.ajisainomori.com



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM