2020年初湯

今年の初湯は近場で、手賀沼温泉・満天の湯でした。

三が日は甘酒が振る舞われていました。美味しかったです。

元日に温泉に行ったのは久しぶり。昼時のせいもあってか思ったより空いていて、のんびりできました。

 

そして湯上がりは・・・

たまらんち会長!


2019年夫婦忘年旅(8)〜千本松温泉〜

フィンランドの森を楽しんで、名残惜しいが家路につこうとしたところ、助手席のやなぎ妻が、

 

千本松温泉に行こうか

 

と言う。一年の疲れが溜まりに溜まって腰が相当痛いらしい。

 

私やなぎは100%異議なし!である。

 

年の瀬の日曜日の昼下がり、牧場本体の駐車場は満車状態だったが、温泉はというと・・・

 

なんと貸切り状態だった。

ヌルスベしたかけ流しのアルカリ性温泉を独り占め。デカデカした看板がないので、一大観光牧場内にあってまさに秘湯である。ここも絶対にメジャーになってほしくない温泉。これをお読みになって初めて存在を知った方は、決して他言しないでほしい。

あ〜、たまらんち会長・・・

 

腰痛のやなぎ妻には申し訳ないが、最高の〆の湯であった。

 

このあと、移転リニューアルした蓮田SAで米八のおこわを買って帰宅。今年の夫婦忘年温泉旅も無事終了した。

 

(完)


2019年夫婦忘年旅(7)〜2日目〜

温泉+整体マッサージのおかげで昨夜は熟睡。あっという間に朝になってしまった。

 

朝食バイキングは8時から9時が一番混み合う。待ち時間がもったいない(風呂に入って二度寝するという魂胆)ので、7:20に朝食会場へ向かった。

 

待ち時間0分。窓側の席もゲットできた。まさに、"The early bird catches the worm."である。

 

欲に目がくらみ、毎回取り過ぎて後悔するので、「程ほどに」を合い言葉に厳選チョイス。

ここの朝食バイキングは品数豊富で美味しい。

この後、予定どおり風呂に入って二度寝・・・たまらんち会長。

 

11:00ジャストにチェックアウト。

 

向かった先は・・・呆れないでください。また小鹿の湯。

たまらんち会長。

 

そして月井酒店でご主人に的確なアドバイスをもらいながら正月用の酒を購入。

 

ムーミン大好きな我々夫婦は昨日来る時に気になった「フィンランドの森」に立ち寄った。

たぶん薪ストーブの店がメインなのだろうが、ムーミングッズとか北欧雑貨が売っていたり、サンタクロースの握手会があったりと、なんだかごちゃごちゃしてい面白かった。チーズ工房や腸詰屋もあるのでまた行ってみたい。


2019年夫婦忘年旅(6)〜ハーベスト那須・ディナー〜

さあ、夕食だ。

「和洋いいとこどりコース・翠」を予約してある。

 

まずは生ビールで乾杯。

前菜:湯葉小松菜煮浸し、イクラ霙和え、河豚皮香味和え、蟹寿司、海老芝揚げ、百合根雲丹最中、帆立酒盗和え

スープ:栗のポタージュ カプチーノ仕立て トリュフ風味

造里:お造り盛り合わせ つま物一式

 

6種類の中から3種類を選べる利き酒セットを2セット、つまり6種類全部注文。

姿、仙禽、鳳凰美田

一ノ倉、開華、松の寿

ポワソン:真鯛と那須白美人のキャベツ包み シャブリ酒のバターソース

煮物:甘鯛蕪淡雪蒸し、蒸雲丹、赤蕪、菊菜、山葵、亀甲飴

メイン:とちぎ和牛フィレ肉のリソレ アデラ酒香るトリュフソース

    那須高原牛ロース肉のグリエ 香草バターとともに

    鹿もも肉のロティ 甘酸っぱいブルーベリーを添えて

食事:白ご飯、赤出汁、香の物盛り合わせ

デザート:クリスティアンとイチゴのムース

     パッションフルーツとミルクチョコレートのムース

     イチゴのシャーベット 小さいケーキの盛り合わせ

     コーヒー

 

いいディナーだった。


2019年夫婦忘年旅(5)〜ハーベスト那須でリラックス〜

夕食後のクリスマスコンサートを先にUPしたが、時計の針を5時間ほど戻します。

 

小鹿の湯で硫黄泉を体にたっぷり染みこませてから、チェックイン。15時より少し早く到着してしまったが「部屋の準備ができましたので」と受け付けてくれた。

 

スタンダードルームだが十分広い。

早速浴衣に着替えて、いざ整体マッサージ&温泉へ。

身も心もリラックス。

 

さらに部屋に戻って湯上がりのビール。

あ〜、たまらんち会長。


2019年夫婦忘年旅(4)〜ハーベスト那須・クリスマスコンサート〜

宿泊したのは東急ハーベスト那須。知人から毎年頂戴している宿泊利用券を使わせていただいた。

 

チェックイン→整体マッサージ・入浴→夕食・・・の順にUPするつもりだったが、今宵はクリスマスなので。

 

夕食後、たまたまロビーに行ったところ、クリスマスコンサートの真っ最中だった。

ピアノ・バイオリン。チェロの三重奏、すてきなコンサートだった。

クリスマスでわくわくするような年令ではないが、楽しいひと時を過ごすことができた。


2019年夫婦忘年旅(3)〜小鹿の湯〜

13:30、那須に到着。チェックインの15:00にはまだ時間があるので、予定どおり那須湯本温泉「小鹿の湯」でひと風呂浴びることにした。

 

あまり宣伝して混むようになると困るので、小声で言いますが「極上の入浴施設です。」

有名な共同浴場「鹿の湯」はいつも芋洗い状態だが、同じ鹿の湯源泉を引いている「小鹿の湯」は規模こそバンビだが、風格のある内湯と小さいながら露天風呂もある。そして何よりも空いている。

宿泊した東急ハーベストで、一年間頑張った自分たちへのご褒美に整体マッサージをしたのだが、整体師の女性が開口一番「どこか温泉に入って来られましたか?」と聞いてきた。「小鹿の湯」に入ってきました」と答えると、「やっぱり。温泉のにおいがプンプンします。小鹿の湯は私も大好きです。湯治場的雰囲気でいいですよね。鹿の湯源泉は体にも効きます。」

 

くれぐれも言っておきますが、小鹿の湯のことはあまり広めないでください。

 

 


2019年夫婦忘年旅(2)〜佐野SA〜

土曜の東北道下りは思いの外空いていた。遅めに家を出たこともあったが、1時間半ちょっとで佐野SAに到着。

 

目的はもちろん佐野ラーメン。

 

今までメニューに餃子がないのが不満だったが、「ラーメン餃子セット」が初お目見え。

美味しい餃子だった。贔屓にしよう。

 

外のゴミ箱にはこんなものも初お目見え。

これはあくまでも想像だが、燃えるゴミ用のゴミ箱に入れてしまう飼い主が多いのかも知れない。

 

この調子なら13時半には那須湯本に着きそうだ。


2019年夫婦忘年旅(1)〜旅の余韻〜

今年も行ってきました、夫婦忘年温泉旅。

 

渋滞にも遭わず、無事帰着。

一杯やりながら、移転リニューアルした東北道蓮田SAで買ってきた米八のスペシャルおこわを食べています。

果たして明朝、ちゃんと起きられるかどうか。何しろ「12月23日は祝日」と30年間で体に染みついてしまっているから・・・。

 

さあ、寝過ごさないように今夜はとっとと寝よう。


2019年温泉同好会・冬の活動報告

今年の冬も行ってきました。自称「温泉同好会」の冬の活動。

 

ほんのお遊び程度のゴルフをして、温泉に浸かって、各自持参した自慢の酒を味わうという贅沢極まる活動内容。

 

残念ながら会員3名のうちの一人が仕事の都合がつかず不参加になってしまったが、活動の火を消すわけにはいかない。

 

冬は伊豆と決めている。

 

宿決めの条件は、

_浩宿。「温泉同好会」なのだからこれは当たり前。

部屋食であること。持参した酒を飲みながら食事をしたいのでこれも必須条件。

D穃繕發芭鼠がそこそこ良い。

ぜ鬚了ち込みに寛大そうな宿。これは感に頼るしかないが、高級宿はまずアウト。

ゥΕッシュレット。

 

大室山を眺めながら玉を転がす。

今回の宿は熱川温泉「たかみホテル」。

一人12,100円。2名用のお得プランで「カップルプラン」などと名前が付いていて気恥ずかしかったが、やましいところはないので捨て置く。

 

部屋まで案内されながら、かなりくたびれた館内に少々テンションが下がったが、まあ想定内。

温泉は浴場はぱっとしないが源泉かけ流しなので文句なし。

 

日本酒はもちろん二重丸、三重丸! 今回も至高の酒が三役揃い踏み。

持ち込みにも至って寛大。というよりこの時代、寛大でなければ困る。

ちなみに冷蔵庫の瓶ビールを3本も飲んであげたのだから(笑)

 

料理もこのとおり。

金目の油の乗りが日光の手前だったのがちょっと残念。

 

でも、今回もいい活動になった。来年の夏の活動が楽しみだ。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM