平日の温泉

たぶん寝違えたのだろう。昨日(今日からみれば一昨日。このブログは基本的に1日遅れになっている。あしからず)、朝起きたら左肩甲骨のあたりの筋がつっ張るようにが痛い。出勤前の妻にサロンパスを貼ってもらった。午後になると体勢を変えるのも辛くなり、軽く咳払いをするだけで激痛が走って、仕舞いには吐き気までしてきた。いささかボケてきた脳が一服盛られたと勘違いしたのだろうか。たまらず、去年五十肩で医者にもらった痛み止めが残っていたのでのんだら、かろうじて「牛肉と椎茸とピーマンの梅肉炒め」を作れるまで楽になった。

 

 そうだ、温泉に行こう!

 

ということで、今朝は一番風呂を狙って手賀沼温泉・満天の湯に行った。

平日の朝でもそこそこ客がいたが、皆さんまだ洗い場や内湯にいて源泉かけ流しの露天風呂を独り占めでき、念願の写真も撮れた。何度も来ているがいつも混んでいるので撮影は諦めていたのだが、今日はもしやと思い、温泉セットの中にカメラを入れておいたのだ。肩甲骨が痛いんじゃないの?と呆れておられる方もいるだろうが、趣味なのでどうしようもない。当然のことながら他の人がいる時には決して撮影しない。

 

独り占め状態もつかの間、次々と人が湯舟に入ってきた。私のようなリタイア組が多いが、若い人もいる。水曜日なので休みの人も多いようだ。

 

40代後半から50代前半くらいの二人が入ってきた。取引先がどうのと大きな声で話を始めた。いつまで経っても話をやめない。私のいる所からは結構離れているのだがうるさい。他の客も目をつぶり、眉間にしわを寄せて浸かっている。

 

温泉というのは心身を癒やす場であり、瞑想の場である。静かに入ってほしい。

 

地方の共同湯で地元の人どうしが「今年は野菜の出来が悪いねえ」「こう暑いとお手上げだよ」・・・なんて話はいい。旅館の大浴場でたまたま一緒になった人と「このお湯はいいですね」「この先にある○○温泉もなかなかですよ」・・・なんてのも悪くない。

 

でも、仕事の話ならよそでやってくれ。しかもこのご時世につばを飛ばしながら大きな声で・・・マスクしなさい。

 

ややストレスフルな入浴だったが、温泉効果は絶大で、昨夜は髪も洗えなかったのにあの痛みはどこへやら・・・ドライヤーを持つ左手も軽やかだった。

 

実を言うと、なんとなく後ろめたさを感じ、退職以来、平日の温泉は控えていたのだが、味を占めてしまった。また行こう。


2020年夏の小旅(5)〜アトリエ・ド・フロマージュ〜

つまごいパノラマライン南ルートの西の終着点、県道94号(東御嬬恋線)の交差点に着いたところ、「湯ノ丸方面は大型車両は通行不可」というような標示がありました。確か6月にここを通ったときは全面通行止めだった記憶があります。ということは普通車は通行可能になったのかなと思っていると、湯ノ丸方面から高崎ナンバーの乗用車が下ってきました。それなら行ってみようと、上田IC利用から小諸IC利用に予定変更。景色もよく、何度も通っている大好きなルートです。

 

新鹿沢温泉を過ぎると道路は想像を遙かに超える悲惨な状況でした。脇を流れる吾妻川支流の氾濫によって道路がえぐられて至る所で崩落しており、かろうじて片道通行で普通車が通れる状態。完全復旧にはまだ相当時間がかかりそうです。

 

でも湯ノ丸経由のおかげでいいことがありました。

 

湯の丸高原を長野県側に下った所に大好きな「アトリエ・ド・フロマージュ」があり、ちょうど昼食時だったので立ち寄ることにしました。普段なら行楽日和の昼時ともなると駐車場も満車状態になるのですが、今回は半分近く空いていました。

s-20200822-kusatsu (33).jpg

別棟には直営の本格イタリアンレストランもありますが、お目当てはショップとカフェのある本店。コロナ対策でテーブル数も減らしてありましたが、いいタイミングで2人用の窓辺の席が空いていました。我々のあとに何組か入ってきましたが、「席が空いたら連絡するので車の中でお待ちください」と言われていました。

 

今回注文したのは・・・

s-20200822-kusatsu (29).jpg

もりもりサラダ&チーズセットと、

s-20200822-kusatsu (30).jpg

海の幸ピッツア。

s-20200822-kusatsu (31).jpg

生ビールとワイン!といきたいところですが、忍び難きを忍び、ノンアルコール。でもノンアルコールも昔に比べてはるかに美味しくなりました。飲んだ気にさせてくれます。

 

チーズ工房が作るピッツアだけあって美味いのなんのって、美味すぎるにも程があります・・・今、こうして記事を書いているだけでも口の中は唾液の洪水・・・氾濫、崩落しないように必死で堪えています。

 

s-20200822-kusatsu (32).jpg

食後のアイスコーヒーを飲んで・・・

s-20200822-kusatsu (35).jpg

s-20200822-kusatsu (37).jpg

ヒツジと遊んで・・・名残惜しいけれども、そろそろ帰るとしましょう。

 

s-20200822-kusatsu (38).jpg

走行距離600.3km

s-20200822-kusatsu (39).jpg

平均燃費18.7km/L。渋滞にも遭わず、快適な夏の小旅でした。

 

そして・・・

 

もちろん買って帰りました、ナチュラルチーズセット。

12時から時計回りで、硬質チーズ、カマンベールブルー、燻製硬質チーズ、ブリー、翡翠(ブルーチーズ)。ちなみにこの皿も以前アトリエ・ド・フロマージュで買ったもの。

s-20200822-kusatsu (34).jpg

うめ〜〜〜〜〜

 

アトリエ・ド・フロマージュは、軽井沢や南青山にも店舗がありますが、やはり眺望抜群、開放感抜群の東御本店がお薦め。上信越道小諸ICから約10分です。

【所在地】長野県東御市新張504-6

【電 話】0268(64)2767

【公式HP】アトリエ・ド・フロマージュ


2020年夏の小旅(4)〜つまごいパノラマライン〜

草津でのプチ湯治では、行きは関越道渋川伊香保IC、帰りは上信越道上田ICまたは小諸ICを利用するのが我々のパターンなのですが、国道144号線(群馬県長野原町〜長野県上田市)は、昨年の台風19号の影響で嬬恋村の大笹と田代の間が現在も通行止めになっています。

 

迂回路になっているのが「つまごいパノラマライン」。パノラマラインは北ルートと南ルートがあって、今回は南ルートを通りました。

s-20200822-kusatsu (25).jpg

道路本来の目的は農道ですが「つまごいパノラマライン」という名前のとおり、素晴らしい景色を眺めながら快適なドライブが楽しめます。

s-20200822-kusatsu (26).jpg

行けども行けどもキャベツ畑。夏から秋にかけての嬬恋産キャベツは全国総出荷量の半分を占める、日本一のキャベツ産地です。

 

進行方向右手に見える山は四阿山(あずまやさん)。長野県と群馬県に跨がる火山で、標高は2354m。山の反対側が菅平です。四阿山の名は山の形があずまやに似ているからという説の他に、日本武尊が東征で山腹の鳥居峠を通った折、海神の怒りを鎮めるために身を投じた妻恋しさのあまり「あづまはや〜(わが妻よ〜)」と叫んだことに由来するという説があります。群馬県側ではこの山を「吾妻山」と表記することもあるようで、嬬恋村の村名はこの故事に由来します。村を東西に流れているのが吾妻川。144号線が不通になっているのは吾妻川の氾濫で橋が崩落したためです。

 

ちなみに日本武尊は碓氷峠や福島県の吾妻連峰でも叫んでいて、弟橘媛を心底愛していたのですね。

s-20200822-kusatsu (24).jpg

パノラマライン北ルートには「愛妻の丘」という所があって、そこで妻に愛を叫ぶという観光行事があります。キャベツ畑の中を浅間山を眺めながら走れるそうで、今度は北ルートを通ってみようと思います。えっ?叫ぶのかって? 滅相もございません。


2020年夏の小旅(3)〜御代田 蕎蔵兎月〜

軽井沢のドライフラワーショップ「野ばら」を出たのはちょうど昼食時。野ばらのおばちゃんに教えてもらった蕎蔵兎月(そばくらとげつ)に行きました。

s-20200822-kusatsu (18).jpg

蕎蔵兎月は軽井沢の隣町・御代田町にあります。国道18号線を軽井沢から小諸方面へ進み、追分宿を過ぎ、浅間サンライン入口を過ぎ、左手にグランドエクシブ軽井沢を過ぎて少し行った所を左折して直進すると左側にあります。

s-20200822-kusatsu (17).jpg

玄関に見覚えのあるサマーチェリーのドライフラワーが飾ってありました。

s-20200822-kusatsu (15).jpg

ご主人に確認するとやはりそうでした。野ばらのおばちゃんから頂いたものだそうです。

s-20200822-kusatsu (11).jpg

店内はそう広くはありませんが、天井が高いので開放感があります。ステンドグラスがきれい。ここはテーブル席ですが、奥には古民家風の座敷席もあります。

 

夜は居酒屋にもなるようで、信州の地酒の瓶がずらりと並び、馬刺やモツ煮のメニューが目に飛び込んできますが、堪え難きを堪え、ノンアルコールビールです。

 

やなぎが注文したのは「兎月セット」。

s-20200822-kusatsu (14).jpg

一番人気で、野ばらのおばちゃんも絶賛していたメニューで、ざる蕎麦にミニソースかつ丼とサラダが付いています。表の看板に書いてあるように、蕎麦ととんかつは店の二大看板でその両方を味わえるセット。蕎麦もソースかつ丼も美味い。これで1250円は堀部安兵衛(注:掘り出し物的に安い)!

 

やなぎ妻は「海老天サラダ蕎麦」。

s-20200822-kusatsu (12).jpg

二人で同じものを頼んでも芸がないと、こちらをセレクトしたのですが、これも正解! 天ぷらサックサク、つゆも美味で最後は蕎麦湯を入れて完食完飲でした。

 

実は前菜(居酒屋のお通しっぽいですが無料です)のポテトサラダと冬瓜の煮こごりが絶品でしたが、あまりに美味しくて撮影するのを忘れてしまいました。やなぎ妻が作り方を教えてもらったので乞うご期待!? 店主さん、まだお若いのにいい腕してます。

 

いい店を教えてもらいました。これからも贔屓にします。

 

蕎蔵兎月(そばくらとげつ)

【所在地】北佐久郡御代田町御代田2568-105

【電 話】0267(31)0797

【営 業】昼 11:00〜14:00 夜 17:30〜20:00 (水曜不定休)

【webサイト】蕎蔵兎月


2020年夏の小旅(2)〜軽井沢 野ばら〜

軽井沢のドライフラワーショップ「野ばら」を訪れました。

s-20200822-kusatsu (10).jpg

野ばらは軽井沢駅前を旧軽井沢方面に少し行った東雲交差点を雲場池方面に左折してすぐの所にあります。

s-20200822-kusatsu (8).jpg

草津温泉から軽井沢までは車で1時間ちょっと。国道146号線峰の茶屋から白糸ハイランドウエイを経由して軽井沢入りしましたが、いつもなら渋滞する白糸の滝周辺も旧軽井沢入口付近も空いていました。

s-20200822-kusatsu (5).jpg

それでも密な状態になっているであろう旧軽銀座はパスして野ばらに直行。目的は一年間家に飾るドライフラワーの購入。でもそれ以上の目的は店主の「野ばらのおばちゃん」に会うため。おばちゃんがここに店を開いて31年目。偶然立ち寄ってあまりにきれいなドライフラワーに魅せられたのはその数年後で、それから毎年お邪魔しているのでかれこれ26〜7年のお付き合いです。

 

s-20200822-kusatsu (1).jpg

s-20200822-kusatsu (4).jpg

天井に所狭しと吊してあるドライフラワーは契約農家で仕入れたり、おばちゃんが自分で車を走らせ、野山に分け入って採取してきたもの。

s-20200822-kusatsu (9).jpg

この鮮やかなサマーチェリーは蓼科高原で92才のお婆ちゃん(あれ?97才だったっけ?? おばちゃんが次から次に話すので記憶が定着せず・・・とにかく腰は曲がっているけれど元気なお婆ちゃん)が、ハウス栽培しているものだとか。「あのお婆ちゃんが頑張っているんだから、私も負けていられないのよ」と野ばらのおばちゃん。

s-20200822-kusatsu (6).jpg

6〜7年前にはテレ朝の『若大将のゆうゆう散歩』で加山雄三さんも立ち寄っています。「もちろん事前に番組スタッフが下調べに来たんだろうけど、加山さん本人は本当に突然入ってきたのよ」とおばちゃんから聞かされた記憶があります。別な番組の取材でTOKIOの国分太一さんも突然来店し、その時は「えっ? 僕のことわかんない?」とがっかりされてしまったそうだ。我々が初めて訪れた当時は、軽井沢に別荘を持つロミ山田さんも度々ドライフラワーを買いに来たというから、軽井沢では知る人ぞ知る名店なのです。

 

元気いっぱいの野ばらのおばちゃんも御年81。来年あたりで閉店を考えているそうです。残念ではありますが、考えてみると初めてお会いした時のおばちゃんはやなぎ妻の今の年令くらいだったのだから長い間本当によくやってこられたと思います。この夏は新型コロナの影響で売り上げも例年の3分の1程に落ち込んでしまっているそうですが、もしかしたらラストの年になるかもしれない来年はまたいつもの賑やかな軽井沢に戻ってほしいと願うばかりです。

 

s-20200822-kusatsu (7).jpg

これもプレゼント、これもプレゼントと、ドライフラワーをたくさん持たされ、「これ、完熟で美味しいのよ」とトマトまで頂戴してしまいました。

 

来年の夏、また元気でお会いしましょう。

 

ドライフラワーショップ野ばら

【所在地】北佐久郡軽井沢町東25

【電 話】0267(42)1448

【営 業】9:30〜18:00 (夏期は9:00〜19:00)

     不定休(夏期は無休)、11月下旬〜4月下旬は休業

 


2020年夏の小旅(1)〜草津温泉〜

旅心抑えきれず、ちょっとだけ出かけてきました。

s-20200822-kusatsu (19).jpg

 

例年、この時期の草津では「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル」が開催されて世界各地から著名な演奏家によるレッスンやコンサートが行われます。

上の写真のようにホテルや土産物店がスポンサーになって「街角コンサート」も開かれ、草津温泉は音楽の街になるのですが、新型コロナの影響で1980年から40年間途切れることなく続いてきた国際音楽アカデミー&フェスティバルは中止になってしまいました。本当に残念です。

 

上皇ご夫妻も天皇在位の時から軽井沢と草津で静養されて国際音楽アカデミーでは自ら演奏に参加されるなど、毎年楽しみにされているのですが、今年は軽井沢入りも草津入りも取り止めです。

 

上皇ご夫妻がしばしば滞在されるホテルヴィレッジもシーズンオフのように静かです。

s-20200822-kusatsu (22).jpg

s-20200822-kusatsu (21).jpg

エントランスの池で睡蓮がきれいに咲いていました。

s-20200822-kusatsu (20).jpg

 

いつもの夏とは空気感が違う草津です。

 

つづく。


2020年温泉同好会 夏の活動報告

この夏も行ってきました、自称「温泉同好会」おやじ3人の旅。かれこれ30年来続いている大事な大事な活動である。ここのところは、夏は那須、冬は伊豆方面が定番になっている。

 

先ずはショートコースでビールを美味くする。

202077nasu (1).jpg

雨が降り出す前になんとか9ホール回ることができ、ビールの受け入れ体制は万端。

 

いつもは各自自慢の日本酒を持参するのだが、今回は初の試みで栃木の地酒を現地調達することにした。

202077nasu (2).jpg

湯本温泉上り口の月井酒店。店主に薦められるがままに3本購入。4合瓶3本で5,277円は安い。

 

今回の宿は「山快」。2011年以来2度目の宿泊だ。

202077nasu (3).jpg

客室数10室のこぢんまりとした宿。

 

この宿の最大の魅力はなんといってもお湯。

202077nasu (8).jpg

どうです、この浴場! 棚田ならぬ棚湯である。

202077nasu (4).jpg 

寝湯

202077nasu (5).jpg

かぶり湯

202077nasu (6).jpg

うたせ湯

202077nasu (9).jpg

大浴槽

 

「鹿の湯」と「行人の湯」の2つの源泉の混合泉を贅沢にかけ流している。

 

泉質:単純酸性硫黄温泉、源泉温度57.2℃ ph2.6

 

素晴らしいとしか言いようがない。

 

湯上がりは・・・もうひとつの「素晴らしい」が待っている。

202077nasu (10).jpg

たまらんち会長!! 生きていてよかったと感じる瞬間だ。

 

そして・・・スターたちの出番である。

202077nasu (11).jpg

右から、辻善兵衛 純米吟醸(辻善兵衛商店・栃木県真岡市)、忠愛 中取り純米大吟醸 無濾過生原酒(富川酒造店・栃木県矢板市)、望(ぼう) 活性にごり酒(外池酒造店・栃木県益子町)

 

月井のご主人お薦めに間違いはなく、いずれ劣らぬ美酒。代わり番こに飲むと互いを引き立て合って飲み飽きることがない。ご主人がプレゼントしてくれた蕗味噌が、勧め上手のおねえちゃんの如く盃を口に運ぶペースを速める。

 

この宿「山快」が素晴らしいのは宿の案内帳でこう明言してくれているところ。

202077nasu (12).jpg

「当館、お酒等のお持込につきまして制限、持込料の徴収は致しておりませんが、お持込頂きました物につきましてはお持帰りのお願いをしております。」

 

我々温泉同好会の主たる活動内容は、.乾襯佞里泙佑瓦箸鬚垢襦´△いげ浩瑤某擦る 持参した日本酒を味わう の3つ。を実行するには夕食が部屋出しであることに加え、持込みに寛大であることが必須条件なのだが、こうして明文化してくれているとありがたい。

 

もちろん、空き瓶は持ち帰り、宿のビールをたくさん飲んであげるのは当然のマナーである。

 

16時過ぎから飲み始め、けっこう良い気持ちになったところで夕食だ。

202077nasu (13).jpg

202077nasu (14).jpg

美味しい料理でさらに酒がすすみ・・・

 

おやすみなさい。

 

そして

202077nasu (15).jpg

朝風呂を浴び、

202077nasu (16).jpg

美味しい朝食を頂き、

 

残念ながら朝から土砂降りで2日目のゴルフはできなかったが、各地で豪雨による災害が発生している中、こんな良い思いをしただけでも幸せというものだ。

 

冬の活動日程を確認して、2020年夏の活動は無事終了した。

 

こちらもご覧下さい→ 旅館 山快


2020年6月プチ湯治 in 草津〜後編〜

さあ、夕食。

 

いつもなら「龍燕」で中華を食べるか、「どんぐり」で洋食にするか・・・というところだが、今回はうれしい誤算があった。昼の部の龍燕は滑り込みタッチアウトだったが、なんと今回のコロナウイルスの影響で龍燕はテイクアウトを始めていたのだ。テイクアウトできるのは10品ほどだが人気メニューが揃っている。即決!午後5時に受け取りに行くことにしておいた。

 

s-2020620kisatsu (19).jpg

隠れ家で「龍燕」!

s-2020620kisatsu (17).jpg

ジャンボ春巻き

s-2020620kisatsu (15).jpg

エビチリ

s-2020620kisatsu (16).jpg

アオリイカの青じそ炒め

s-2020620kisatsu (18).jpg

炒飯

s-2020620kisatsu (20).jpg

家から持ってきたビール

 

ふと窓の外を見ると白根山の方角に飛行機雲が一直線。こんなにきれいな飛行機雲は久しぶりだ。

s-2020620kisatsu (21).jpg

夏至の前日なので6時半でも明るい。

s-2020620kisatsu (22).jpg

日本酒はホテル一井の土産物コーナーで仕入れてきた「醸し人九平次・純米大吟醸」(萬乗醸造・愛知県名古屋市)。一井の土産物コーナーは群馬県内の地酒と全国の人気銘柄を揃えていて酒好きにはたまらない。

s-2020620kisatsu (23).jpg

デザートは、これも龍燕の杏仁豆腐。イチゴがいっぱい入っていて美味しかった。

 

隠れ家で龍燕・・・テレビ見ながら、美味しい中華を食べ、好きな酒を飲み、そのままごろりと横になる。これはあり! 今回のプチ湯治の大ヒットだった。

 

翌日は隠れ家の大浴場(万代鉱源泉)で朝風呂入って、朝食(昨晩の中華の残り。量が多くて食べきれなかった)を取って、昼前に出発。せっかく温泉満タンにしたのに渋滞にはまったら台無しだ。

 

帰りは上信越道回り。

 

s-2020620kisatsu (24).jpg

上田市真田の地酒専門店・宮島酒店で日本酒を仕入れ、

s-20200621 (5).jpg

横川SAで峠の釜めしを買って、午後4時半帰着。

 

いいプチ湯治だった。


2020年6月プチ湯治 in 草津〜前編〜

6月19日、県をまたぐ移動自粛が全面解除となったので、草津温泉に行ってきた。前回行ったのは去年の8月だから、なんと10ヶ月ぶりの草津だ。

s-2020620kisatsu (10).jpg

移動自粛解除最初の土日、やはりいつもよりは少ないがそれでもかなりの人出だ。

s-2020620kisatsu (9).jpg

みんな楽しそうに湯畑を歩いている。人の嬉しそうな顔を見ると自分も一層楽しくなる、温泉地というのはそういう相乗効果を生む所だ。以前共同浴場でやくざさんの親分と子分、そして私の3人きりになったことがあるが、湯舟の中ではその筋の方々も優しい顔になる。

s-2020620kisatsu (11).jpg

我々夫婦もちょっとだけマスクを外して硫黄香いっぱいの空気を思いっきり吸い込んだ。

s-2020620kisatsu (14).jpg

あ〜、やっぱり温泉はいいなあ・・・草津はいいなあ・・・

 

恋の病以外は万病に効くという草津の湯。新型コロナウイルスも死滅させてくれるといいのだけれど。

 

ちなみに上の湯畑の写真右下の木枠をご存じだろうか。八代将軍徳川吉宗のために湯を汲み上げるときに作ったものだそうだ。

 

さて、どの浴場にしようか。無料の共同浴場・白旗乃湯を覗いてみるとかなり密な状態だったのでやめにした。

 

そこで、白旗源泉を引いている奈良屋旅館で立ち寄り湯をすることに。

s-2020620kisatsu (3).jpg

奈良屋の湯は、天下の名湯・草津温泉の中でも特に名湯の誉れ高い白旗源泉を地下槽で適温まで冷ましてからかけ流している。

s-2020620kisatsu (2).jpg

個人的に「美しい内湯」の五指に数えている大好きな内湯だ。

よろしければこちらもご覧下さい→ 美しい内湯チョイス5

s-2020620kisatsu (1).jpg

タオル付で1人1100円だが、ご覧のとおりほぼ貸切り状態。50分くらい浸かっていただろうか、大満足である。

 

時刻は午後2時少し前。遅い昼食を取ろうとお気に入りの中華料理店「龍燕」に行ったら残念ながら昼の部は終了だった。これが塞翁が馬となるのだが、それは後編で。

 

上州麺処・平野家で蕎麦を食べることにした。

s-2020620kisatsu (12).jpg

蕎麦が茹で上がるまで、もちろんビール。生きていてよかった!と思う瞬間だ。

s-2020620kisatsu (13).jpg

舞茸天ぷら蕎麦も美味。文句を言うわけではないが、蕎麦の量がやたらに多かった。

 

「平の家でもうひと風呂入らない?」

 

やなぎ妻の提案である。あんたも好きねえ! もちろん異議なしだ。

 

麺処平野家と旅館平の家は同じ経営で、食事をすると日帰り入浴料金が1000円から800円になる。この日は満室でチェックイン時間の3時までならと言われたが、30分も入れれば十分だ。

 

s-2020620kisatsu (4).jpg

10人程は入れる内湯がひとつだけ。これで1000円は高いのでは?と思われるかもしれないが、侮るなかれ。お湯が抜群に良いのである。

s-2020620kisatsu (8).jpg

白旗源泉を引いている宿は先ほど入った奈良屋の他10軒ほどあるが、「自然流下の単独パイプ」を持つのはこの平の家だけだという。

s-2020620kisatsu (5).jpg

奈良屋の湯は適温まで寝かせてからかけ流している「まろやかな白旗の湯」。それに対して平の家の湯は「ぴっちぴちの白旗の湯」だ。言い方は変だが、共同浴場白旗乃湯を1000円(今回は800円)払って貸切りにした感じ(いつも空いているだけで貸切りではないので念のため)。しかも共同浴場ほど熱くない。

s-2020620kisatsu (6).jpg

自然流下してきた湯を全部湯舟に流したら熱くて入れないので、このように調節して流し込む。そして残りは・・・

s-2020620kisatsu (7).jpg

ああ、もったいない。家までパイプで引いて持って帰れたらどんなにステキだろう。

 

平の家の白旗の湯に入ると体中の細胞が心底喜ぶのである。

 

おっと、あまり書き過ぎてはいけない。せっかくの穴場が穴場でなくなってしまう。今読んだことは忘れて下さい。

 

共同浴場「白旗乃湯」、奈良屋のまろやか白旗の湯、平の家のぴっちぴち白旗の湯。3つ梯子してみてはいかがでしょうか。


峠の釜めし

二日ぶりのご無沙汰です。

 

都道府県をまたいで・・・が解除になり、お言葉に甘えて早速行ってきました。

 

旅レポはまた後日として、お土産代りにこの写真を。

s-20200621 (5).jpg

信越線での列車の旅でも、国道18号を通っての車の旅でも、子供の頃から食べてきたおぎのやの峠の釜めし。味付けも、益子焼の釜を器に使うスタイルも、頑固なまでに守り続ける姿勢がすばらしい。ちなみにこの釜は一合炊きの釜として立派に使えるそうだが、未だ試したことはない。遠い昔、タバコを吸っていた頃、灰皿代りにしたことはあったが。底に穴を開けて植木鉢にしてみようとも思うが、果たして上手く穴を開けられるか・・・。

s-20200621 (6).jpg

やなぎ一族が集まると時々話題に上るのがアンズの甘煮(上の写真の一番手前)。横川から碓氷峠を越えると信州で、更埴市森はアンズの一大産地。信州から関東に帰る人には旅の思い出に、関東から信州に帰省する人にはひと足早く故郷の味を・・・そんな思いからこのアンズが入っているのだろうなとは想像できる。しかしながら、「釜めしのアンズ」は「生ハムとメロン」「酢豚のパイナップル」とともに、「世界三大残念取り合わせ」ではないかと私と弟は主張する。結末はいつも女性陣による「アンズはデザートなの」という説で落ち着くのだが。

 

それはともかくとして、今や1つ1,100円の高級弁当になってしまったが、「峠の釜めし」は相変わらず旅情をかきたてるし、旅の余韻を味わうのに最高のセルフ土産なのである。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM